2019年上半期おすすめ本 番外編

日常

こんばんは。前回の記事で2019年上半期に読んだ本で、おすすめ本ベスト5を紹介しました。今回の記事ではその番外編について書こうと思います。ベスト5には入らないけど、内容は超面白く僕の人生をいい方向に導いてくれた本です。

今回は番外編として3冊の本をご紹介します。

1冊目:超ストレス解消法

おすすめ本ベスト5にランクインした「最高の体調」の著者 鈴木佑さんの本です。この本はなんと、ストレスを感じた時の対処法を100コ紹介してくれる本です。

ストレス解消法は人によって効いたり効かなかったりとまちまち。そんななかでこの本は、科学的に根拠のあるストレス解消法を100コ教えてくれます。本を読み進めていくなかで、自分にあったストレス解消法を見つけることができる本なんです。

僕がこの本を読んで実践しているストレス解消法

  • 受けたストレスに点数をつける
  • 片付けをする
  • 発酵食品を食べる
  • 呼吸に注目する
  • 自然アプリを聴く(後日紹介予定)

このほかにも95の(笑)ストレス解消法が紹介されているので、ぜひ自分にあった解消法を見つけて実践してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

2冊目:ザ・マインドマップ

2冊目はアイデアを浮かびやすくするための本です。たまたまブックオフで見つけて面白そうだったので買ってみた本です。

マインドマップとは、脳の神経回路と似た形でマップをノートに書き、連想ゲームのようにアイデアを書いていくものです。たとえば、「ブログネタ」についてアイデアを膨らませたかったら、「ブログネタ」と大きくノートの中心にかき、それを起点に思いつく限りのことを神経回路のように張り巡らせていくんです。

脳の神経回路と同じ構造でメモを連想ゲームのように書いていくことで、脳が刺激され色んなアイデアが浮かぶようになります。僕自身、次の週の予定をたてるときに、どんなことをしようかを考える際このマインドマップを活用しています。

上の写真は、実際に僕が6月の前半週の予定を立てたときのマインドマップです。やらなければならないことに加えて、自分がやりたいこと、できそうなこと、チャレンジしたいことを思いつくままに書いていきました。そうすると意外なアイデアが生まれ、例えばドコモのバイクシェア で〇〇に行ってみようとか、ランチの時はあいつを誘って××に行こうとか、色んな発想が生まれてきます。

騙されたと思って、ぜ一度トライしてみてはいかがでしょうか?

3冊目:俺か、俺以外か

最後にご紹介するのは、歌舞伎町でトップの超売れっ子ホストのローランドが書いた本です。タイトルは「俺か、俺以外か。ローランドという生き方」(笑) 以前からテレビでローランドを見て興味があったのですが、今回本を出したということで買ってみました。

読めばわかるのですが、ローランドはとってもプロ意識が高い。プロサッカー選手になるという夢を諦め一度は挫折を味わったローランドが、歌舞伎町のホスト界に飛び込んで、トップまで上りつめることができた理由がわかります。

この本はやっぱり男性におすすめです。プロ意識を持って仕事をするとはどういうことかを心に突き刺さる感じで教えてくれます笑

僕が本を読んで印象に残ったローランドの言葉をいくつかご紹介します。

  • いい男は嫉妬されてナンボ。嫉妬されない人生のほうがつらくない?
  • あれやこれやと理由をつけて、自分を騙すな
  • 女が喜ぶと書いて「嬉しい」だからね。男たるもの、常に心に余裕を持っていたいもの。女性に気を遣わせるなんて、野暮なことはしない。女性をスマートにエスコートしてこそ、大人の男だ。
  • どんな状況でも相手を笑顔にすること、忘れないで。
  • 自分が信じた道を、仮に全員が反対というならば、その全員が間違っていたのだということを証明すればいいだけ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。2019年上半期、おすすめ本ランキング番外編

  • 超ストレス解消法
  • ザ・マインドマップ
  • 俺か、俺以外か

「俺か、俺以外か」は、気軽にすぐ読めると思います。ほかの2冊も、厚さはあついですがすぐ読めると思います。

それでは今日はこの辺で!また次回お会いしましょう!バイバイ!

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました