投資・ビジネス

あおぞら銀行の配当金が入りました(株価は下落中)

先日、100株を保有しているあおぞら銀行から配当金を受け取りました。

 

今回は、高配当銘柄として注目されるあおぞら銀行についてご紹介します。

 

【関連記事】

双日株式会社の配当が入りました!

こんな方におすすめ

  • あおぞら銀行株の購入を検討している
  • あおぞら銀行の配当について知りたい

 

あおぞら銀行 配当金は39円

家に帰って郵便受けを見ると、1通の封筒。

 

差出人はあおぞら銀行。

 

これはもしや!と思い急いで封筒を開けると、配当金に関する通知でした。

 

中身を見ると、あおぞら銀行の2019年度1Qの配当金のお知らせです。

 

2019年6月の権利確定日にあおぞら銀行株を100株購入しており、その配当金でした。

気になる配当額は、1株あたり39円

 

通常、株式は100株からの購入となるため、1株あたり39円×100株=3,900円ですね。

 

証券口座はSBI証券で開設しており、しっかり振り込まれていました。

 

スポンサーリンク

あおぞら銀行は四半期配当

あおぞら銀行は、四半期ごと(3カ月ごと)に配当金を出しています。

 

他に四半期配当の企業としては、ホンダやリソー教育グループがあります。

 

四半期配当のため、配当は3月、6月、9月、12月の4回です。

 

配当を受けるためには、「権利確定日」にあおぞら銀行株を保有している必要があります。

 

2020年度の権利確定日は以下の通りです。

(配当金DBサイトより)

 

高配当のあおぞら銀行

あおぞら銀行は四半期配当、そして高配当銘柄として有名です。

 

会社として方針が高配当となっています。

「配当性向を原則50%とする」とあおぞら銀行のホームページに記載されています。

 

配当性向というのは、「企業の稼いだ利益が、どれくらい配当金にまわされるか?」というものです。

 

例えば、企業の当期純利益が1,000万円で、配当金の支払総額が200万円だった場合。配当性向は以下となります。

 

配当金200万円÷純利益1,000万円 ×100 = 20%

 

配当性向(%) = 企業の稼いだ利益が、どれくらい配当にまわされるか?

 

配当性向が高いほど、株主への配当還元率が高いということです。

 

上場企業の配当性向は30%~40%が平均です。

 

あおぞら銀行は50%なので、平均より高めとなります。

 

株価は下落している・・・

あおぞら銀行の株価チャートを見てみましょう。

 

まずは10年チャート。

(yahooファイナンス)

 

続いて5年チャート。

 

こちらを見ると、ずっと下落傾向にあることがわかります(笑)

(yahooファイナンス)

 

株価の値上がりは期待できないので、キャピタルゲインを狙う場合は買いではないですね。

 

そして配当狙いでいくなら、一番気になるのが減配リスクです。

 

あおぞら銀行 減配

2020年5月14日、あおぞら銀行が決算を発表しました。

 

それによると、2020年度の年間配当を122円に減配する方針。

 

2019年度は年間配当156円だったのに対し、今期は34円減となります。

 

配当金を目的にあおぞら銀行株を保有していただけに、この減配のダメージはでかいです。

 

高配当銘柄を保有する際、一番気を付けたいのがこの減配リスクです。

 

まとめ

あおぞら銀行は、株価は下落してますし、今期は減配を発表しました。

 

当面の間は、購入は控え様子見がいいでしょうね。

 

今後、あおぞら銀行株についてアップデートありましたら記事にさせていただきます。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

-投資・ビジネス

Copyright© ディズニーをより楽しむためのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.