日常

ブラジル料理店で起きたとんでもなく恥ずかしい勘違い

こんばんは!このブログは、ハードモードな俺の人生から得た学び・経験・知識を、皆さんの人生に役立てていただくためのブログです。よかったらお気に入り登録のほどよろしくお願いいたします。

ハードな日々が続くと、お肉食べたくなりません?お肉は元気の源、ということで先日知り合いと一緒に表参道にあるブラジル・シュラスコ料理店に行ってきました。少し値段は高めですが、たまにはいいだろうということで予約。

【行ったお店】

バルバッコア 青山本店

https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13003475/

バルバッコアは、ブラジル料理・シュラスコの食べ放題のお店です。串刺しされたさまざまなお肉料理を持ったお兄さんが各テーブルを回ってくれて、目の前で切ってくれます

頼んだコースは、

  • シュラスコ料理食べ放題
  • 飲み放題放題(スタンダード)

合計、8,208円(税込み)でした。少し高いと思われるかもしれませんが、お肉や飲み物のクオリティはかなり高く大満足でした。シュラスコ料理の食べ放題コースにはサラダのビュッフェがついていて、そのバリエーションもとても豊富です。

さらに上記コースにデザートビュッフェ追加注文することも可能です。俺が行った時は注文しませんでしたが、こちらもかなりおいしそうでした(笑)

お肉がどんどんやってくる

バルバッコアのシステムをご紹介しましょう。バルバッコアでは、自分たちのテーブルにひっきりなしにお肉を持ったお兄さんがやってきては、お肉を切り分けてくれます

「サーロインをお持ちしました、いかがですか?」

「チキンとソーセージです。どうですか?」

「お口直しにパイナップルは?」

など、色んなお兄さんがやってきてはお肉を提案してくれます。食べたくないお肉や少し食休みしたい場合は、「ちょっと今は大丈夫です」と伝えれば別のテーブルに去っていきます(笑)

個人的にお気に入りだったのが、お口直しのパイナップル(笑)温かいパイナップルなのですが、しっかり甘くてジューシーで、お肉との相性は抜群でした。酢豚に入れるパイナップルと一緒ですね(笑)しかもこのお店のパイナップルはめっちゃでかかった。

お腹一杯になったら、テーブルにあるコインをひっくり返して「もうお肉は要りません」の表示をします。各テーブルにコインが置いてあるのですが、食べ放題開始時は表側(緑色だったかな?)にしておきます。お腹いっぱいになったら、ひっくり返して裏側(茶色)にして店員さんにアピールします。

スポンサーリンク

鶏の肉をあれと勘違い

俺が黙々とお肉を食べていると、またお兄さんがお肉を持ってきてくれました。なんだか今回のお肉は他のと形状が違います。。。なんだろう?と思ってじっくり見ていました。

そのうち、これはもしかしたら特殊な部位なんじゃないかと思い始めました。そのお肉とはこちらです。

皆さん何に見えます?俺はあれにしか見えませんでした。ゴールデンボールです。鶏ちゃんの。

そう思いだしたら、もうそれにしか見えません(笑)こんな部位も食べれるんだなぁ、さすがバルバッコアっと思っていると、店員さんからお肉の紹介がありました。

「鶏のハツはいかがでしょうか?」

ハツだった―--!!wwwww

鶏ちゃんの○玉だと思い少しニヤニヤしていた俺は、自分を恥じました(笑)一応、○玉に見えていたその鶏のハツを食べてみると、確かにハツでした。しかも美味しかったです。

店員さんが立ち去った後、隣にいた友人に「今の肉、何に見えた?」と聞くと、

「タマ」

ドンピシャな回答をいただきました(笑)類は友を呼ぶとは、こういうとき使うんでしょうね。

人生に疲れたら肉を食べよう

鶏の○玉は食べれませんが、様々なバリエーションのお肉が食べれるバルバッコア、超お薦めですしかも充実したサラダバーあり、美味しい飲み物ありで至れりつくせりです。

ハードでストレスフルな日々に疲れた体に、たまにはお肉で元気を与えてあげましょう。お店もきれいですし、店員さんも外国の方が多く本格的です。見て楽しい、飲んで楽しい、食べて楽しいお店です。

表参道駅から歩いて行けるので、ぜひ皆さんもお肉を食べて英気を養ってください!

くれぐれも、鶏のハツを見てニヤニヤしないように!(笑)

それでは今回はこの辺で!また次回をお楽しみに!See you next time!

スポンサーリンク

-日常

Copyright© ボビログ - Bobby Maihama- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.