誕プレに迷ったらこれ!ほどよい距離感の上司・部下には新聞プレゼントでお祝いイージーモード

日常

どうもです。

皆さん、めっちゃ親しいわけでもない相手が誕生日の日ってどうしてます?

毎日顔を合わせるけど、高い誕生日プレゼントをあげるのはなんか違うし、かといってスルーも心苦しい。。。

最近だと誕生日の友達をFacebookが通知してくれますよね。僕は先日、同じ職場の先輩が誕生日で、無視するわけにもいかないので笑、誕プレをあげました。

あげたものは、その人が生まれた年、生まれた日に発行された新聞です。

今日は、めっちゃ親しいわけでもない相手に送る誕プレの1つ、新聞発行の方法をお伝えします(もちろん、親しい人にもプレゼントしてます笑)

お誕生日新聞 コンビニプリントサービス

僕が普段利用するのは、コンビニのお誕生日新聞プリントサービスです。

新聞の発行年、発行月、発行日と、新聞社を選ぶだけ

あとはプリンターが指定した条件で記事を発行してくれます。こんな感じ。

新聞社は、以下の6社から選べますよ。

  • 朝日新聞
  • 読売新聞
  • 毎日新聞
  • 日本経済新聞
  • 沖縄タイムズ
  • the japan times
スポンサーリンク

お値段はいくら??

気になるのはお値段ですよね。

  • 片面印刷の場合は、一面で500円/枚
  • 両面印刷の場合は、一面とテレビ面で800円/枚

かなりお手頃ですよね!!!

僕は一面とテレビ面の両面印刷を選びました。やっぱりテレビ欄があると、その当時どんな番組が放送されていたかがわかるので、より喜んでもらえます。

ちなみにサイズはA3です。二つ折りにして綺麗なクリアファイルに入れて、最後に封筒に入れて渡してあげれば、総額1000円くらいで誕プレの出来上がりです

どこのコンビニで発行できるの??

お誕生日プリントサービスを利用できるコンビニは2種類。

ファミリーマートとローソンです。

プリンターにお金をいれて、1分以内には印刷できちゃいますwww

お誕生日新聞の魅力

お誕生日新聞は、コンビニに行くという手間をかけるだけで、相手が喜ぶ誕プレをイージーに準備することが可能です。このお誕生日新聞の魅力について、僕なりの考えはこんな感じ。

①自分のことを考えてくれたと印象づけられる!

自分の誕生日を覚えてくれてるって、かなり嬉しいですよね。そのうえ自分が生まれた日の新聞を用意してくれたとなると、「俺のことをめっちゃ気にかけてくれた!」と思ってくれるでしょう。

生まれた年、誕生日の新聞をあげることで、間接的に「相手が生まれたことをプラスに思っている」という印象を与えることができます。

②他の人と差別化できる

なかなか誕生日プレゼントで新聞をあげる方はいないでしょう笑 誕生日プレゼントでちょっとした相手に食べ物とかをあげる人も多いかと思います。そういう人に比べて、このお誕生日新聞はお菓子をあげるのと同じくらいの出費で相手に圧倒的に強い印象を与えられるでしょう。

ほどよい距離感の相手であれ、誕生日プレゼントはあげたほうがいい。どうせあげるなら、他の似たような考えを持った人と差別化しましょう笑 新聞プレゼントは、コンビニに行くという手間だけでかなりの差別化をすることができます。

③相手の興味をひくことができる

誰しも自分の生まれた年の誕生日に起きたニュース、放送された番組は興味あるはず。お誕生日新聞はその好奇心を満たしてくれます。「こんなことがあったんだ!」「島田紳助がまだ芸能界にいる!」など、色々な発見を提供できると思います。

じっさい僕が先輩にお誕生日新聞をプレゼントしたあと、彼はお昼休みにじ〜っと記事を読んでました笑

④幅広い年代への誕プレとして対応できる

発行年月日を指定して印刷できるため、どんな世代の相手でも誕プレとしてあげることができます。特に職場であれば新人から幹部まで幅広い年代がいるかと思うので、部下や上司へのちょっとした誕プレに使えます。

⑤色々なパターンで使える

例えばあげる相手が女性の場合、生まれた年を聞くのは失礼になる場合もありますよね。それとか、そもそも相手の誕生日は知ってるけど生まれた年は知らないとか、誕生日以外でも新聞をプレゼントとして活用したい、ということもあると思います。

そういった色々なパターンでこの新聞プリントサービスは活用できます。例えばこんな感じ。

  • 会社の上司・部下が会社に入社した当日の新聞をプレゼント
  • 相手と自分が初めて出会った日の新聞をプレゼント
  • 結婚祝いとして、ご夫婦が結婚した日の新聞をプレゼント
  • 相手のお子さんが生まれた当日の新聞をプレゼント

これ以外にもいろんなパターンが考えられますよね。相手にとって大事なイベントがあった年月の新聞をプレゼントしてあげることで、相手のことを想ったプレゼントになること間違いないです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。お誕生日新聞のプリントサービスは、一度は絶対に利用すべきお手軽誕プレサービスです。僕は会社の知り合いが誕生日のときはこれを利用してプレゼントするようにしています。

心理学の話ですが、「返報性の原則」をご存知でしょうか?

相手が自分に何かをしてくれたら、「お返しをしなきゃ!」と思ってしまう人間の心理の原則です。これは誰しも経験のあることだと思います。

このお誕生日新聞プリントサービスを使えば、「誕生日という大切な日のために、自分を想った誕生日プレゼントをくれた人」という印象を与えるだけでなく、相手に「おかえしをしなきゃ」と思わせることにもなります。

そんなに親しい相手じゃない場合でも、このお誕生日新聞はお手軽なので、少ないコストで相手の心を味方につけることができます笑 実際に僕が新聞をプレゼントした職場の人は、色々な場面で自分の味方になってくれたり、サポートしてくれたりと、いいことが起きてます笑

ほどよい距離感の相手への誕プレにお悩みの方、ぜひ利用してみては?

それではまた次回お会いしましょう!ばいばい!

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました