診断士の2次試験は、まず用紙を破れ。

中小企業診断士

こんにちは! このブログでは、皆さんの人生がイージーモードになるような情報を日々発信しております。 よかったらお気に入り登録のほどよろしくお願いいたします。

GWもまもなく終わりですね。

さて、昨日公開した僕の診断士模試結果の記事の反響が予想以上に大きかったので、
今日は診断士の2次試験で僕が実践していた解き方をご紹介します。
少しでも受験生の役に立てばと思います。

試験開始後は、”破って色付け”

診断士の2次試験は記述試験のため、時間との戦いを強いられます。出題される事例企業の強み・弱み・機会・脅威を把握して、問題を解ききらないといけません。まずこの時間との戦いで有効になるのは、

「無駄になる作業をやらないこと」です。

問題を解くときに僕が無駄になると思ったのは、以下の2点です。
問題文と設問を見るためにいちいちページを行ったり来たりすること
出題された企業の強み・弱み・機会・脅威の内容をいちいち問題文から探すこと

この無駄を省くために僕が実践していたのは、
試験開始とともに、問題用紙のホチキス止めをはずし、問題用紙を1枚1枚にばらすこと
出題企業の「強み・弱み・機会・脅威」をそれぞれ色分けすること

です。試験開始後は、問題用紙を”破って色付け”するのです。

スポンサーリンク

実際の問題用紙がこちら

①の「試験開始とともに、問題用紙のホチキス止めをはずし、問題用紙を1枚1枚にばらすこと」を、試験当日実践した問題用紙がこちらです。

問題用紙をばらすことで、設問と問題文本文を行き来する時間が大幅に削減できます。「あれ?設問の内容ってなんだっけ?」ってなった際も、ページをめくって探すことなくすぐに参照することができます。設問が書かれた問題用紙を机のどこかに固定して置いておくことで、ページをめくる手間が減り集中力も保ちやすくなると僕は思います。

では続いて、色付けした問題用紙を細かく見ていきましょう。

なぜ色付けするのかというと、出題された企業の強み・弱み・機会・脅威が一目でわかるからです。企業のこの4つのSWOTは設問を解くときに必ず使用するので、どの文にその企業の強みや弱みが書かれているかを一発で分かるようにしておくことはかなり有効です。

僕の場合は、
強み⇒ピンク色のマーカー
弱み⇒青色のマーカー
機会⇒オレンジ色のマーカー
脅威⇒緑色のマーカー
で色分けをしていました。弱そうなイメージだと青、機会のイメージはオレンジ色など、ご自分の印象で色を選ぶのがいいと思います。

“弱み”に色付けした部分は、全て回答で使用する

答案を書くときに重要なのは、企業の”弱み”としてマークした部分は、必ず回答で使用するということです。事例企業の診断が2次試験のメインなので、企業の強みを伸ばして弱みを解決してあげることが重要になります。

多くの場合、強みとなる部分を伸ばすよりも弱みの部分を克服するということが2次試験ではよく問われます。回答パターンとしては、以下が多いのではないでしょうか。

①出題された企業の”弱み”を単純に回答する
“弱み”を克服する施策を回答する
③”弱み”に見えるけど実は強みとなる面を発見し、それを施策として回答する

一番多いパターンは②の「”弱み”を克服する施策を回答する」だと思います。
いずれにせよ、回答を作成するにあたっては、企業の弱みとなる部分が設問全体でカバーされているか?を確認することが重要だと思います

「あれ?この企業の〇〇っていう弱みがあるけど、どの設問でも使ってないな?」ってなると、回答に抜け漏れがある可能性が高いです。こういう風に、“弱み”になる部分が全て何らかの形でどこかの回答で触れられているか?を基準にするといいと思います。

“社長の思い”は赤で引いておく

最後にちょっとしたテクニックです。よく設問の最後のほうで、「中小企業診断士として助言せよ」みたいな設問ありますよね?僕がこういう設問を解くうえで念頭に置いていたことは、

「社長の思い」を反映することです。

上の写真でいうと、「次期社長は、事業継続のためには、地域の繁栄が必要だと考えている。」の部分です。これは必ず回答で使うべきでしょう。中小企業診断士は、中小企業の社長と一緒に事業の方向性を考え、施策を提案することが求められます。なので社長の思いはスーパー重要なんです!
実務補習でも、社長の思いはかならずヒアリングして、なるべく提案内容に反映するよう指導を受けました。

その重要な”社長の思い”が診断士の2次試験の問題文にあったら、必ず使う、またはその社長の思いを反映した施策を提言するということのが、高得点をとるコツだと思います

社長の思いは見落とさないよう、試験中に見つけたら赤線を引きましょう。

まとめ

今日のまとめです。

・問題用紙は1枚1枚にばらし、設問と問題文を行き来する時間を削減する
・強み・弱み・機会・脅威はマーカーで色付けし、特に弱みについては回答でかならず触れる
・”社長の思い”は必ずチェックし、回答に使う

全く話が変わりますが、僕のすきな横浜DeNAベイスターズが最近かなり弱く、今日もサヨナラ負けで3連敗です(T0T)涙
明日は勝ってほしいですね~

それではまた次回!Bye!



スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました