フェスティバル・オブ・ミスティークの攻略法

ディズニー

こんばんは!このブログは、ハードモードな俺の人生から得た学び・経験・知識を、皆さんの人生に役立てていただくためのブログです。よかったらお気に入り登録のほどよろしくお願いいたします。

今回もディズニーの話。現在、ハロウィンシーズン真っただ中のディズニー。ディズニーシーでは、ハロウィン限定のショー、フェスティバル・オブ・ミスティークが毎日2~3回行われています。

ディズニーキャラクターとダンサーが繰り広げる迫力のショーです。

色んなハロウィンのコスチュームを着たダンサーたちが登場しますし、ミッキーとミニーがダブルで登場する豪華な内容です。

俺は会社に行くとき、このショーで流れる音楽を聴いて出勤しています(笑)

このショーの正面舞台は、やはりホテルミラコスタ前にあるミッキー広場。通称”ミキヒロ” ここの前方の列で見るのが一番よくショー見れるんです。

ミッキー広場

俺はどうしてもこのショーを前方の列で見たかった・・・

今回は、俺がこの前列での鑑賞を実現するために取った行動と、そこから学んだ「フェスティバル・オブ・ミスティーク」の攻略法をご紹介します。

早朝5:30に舞浜駅入り

俺が取った戦略、それは

早起き(笑)

なるべく早くディズニーシーの入り口に着いていれば、入園も早くでき、ミッキー広場に早くたどり着ける。そうすれば前方の列を確保できる違いない。

そう考えた俺は、早朝4:30に起床。朝食を抜いて舞浜駅へ。

舞浜駅に着いたのは午前5:30。その時の舞浜駅の様子がこちら。

誰1人いませんでした(笑)ここからディズニーシーまで歩いて向かいます。

ディズニーシーに到着したのは朝5時45分過ぎ。もしかして俺が一番乗りか?と思っていたら、上には上がいました(笑)

荷物検査のゲートを通過すると、入園待ちの列ができていました。朝5時45分着で、入園ゲートから約30mの地点での待機となりました。

スポンサーリンク

7:55オープン!急いでミキヒロへ

この日は8時開園予定が5分早まり、7時55分の開園となりました。俺がインパークできたのは8時ちょうどくらいでした。

そこから目的地であるフェスティバル・オブ・ミスティークのショーのど正面、ミキヒロへ向かいます。

ミキヒロに着くと・・・

すでに大量の人が(笑)

せっかく早起きして5時半に舞浜に着いて並んだのに、いざフェスティバル・オブ・ミスティークの会場へ行ってみたらこの様子。

なぜ開園と同時にインパークしたのに、すでにこんなに人が集まっているかというと、

ホテル宿泊組がいるから

ディズニー系列ホテルに宿泊している人たちは、特別に8時開園の15分前である7時45分に入園できるんです。このハッピー15エントリーのせいで?笑、ふつうに8時に入園しても宿泊組に負けてしまうわけです涙

宿泊組の人生イージーモードっぷりに何とも言えない感情を抱きながら、初回公演を静かに鑑賞しました(笑)

2回目公演で前から4列目をゲット!!

1回目のショーでは後ろのほうでの鑑賞になってしまった俺。ですが2回目のショーでは、なんと最前列から4列目という好ポジションを確保することができました!なぜかというと、

抽選に当たったから(笑)

このフェスティバル・オブ・ミスティーク、1日で3回公演があります。そのうち1回目は抽選はありませんが、2回目・3回目は抽選制です。前列で見るには抽選に当たるしかないですが、この抽選に当選し、前から4列目で鑑賞することができました!こんな感じです。

1回目公演のときと全然距離が違いますね!!(笑)前の方でフェスティバル・オブ・ミスティークを鑑賞するには、ホテルに宿泊するか、ショーの抽選に当選するしかありません。

どうすればショーの抽選に当選しやすくなるか?という点については、以前に書いた記事をぜひご覧ください。俺は今回、この方法で当選することができました。

【関連記事】

ディズニーのショー抽選に当たるには?

ちなみに最前列から4列目で鑑賞したフェスティバル・オブ・ミスティーク、かなりの迫力でした!もちろんそのときの動画はしっかり撮影していますので、以下の人生ハードモードチャンネルよりぜひご鑑賞ください!

フェスティバル・オブ・ミスティーク(2019/10/05)

まとめ

ディズニーシーのフェスティバル・オブ・ミスティークを前列で見るために、俺がおすすめするのはこちらです。

  • 早起きして1回目公演を見るのは、あまり得策ではない
  • 前列で見るには、ホテル宿泊か抽選当選が現実的
  • 抽選当選を狙うにはこの記事中の関連記事を読む

いつかホテル宿泊して、8時開園の15分前にインパークするのを経験してみたいです。実現できるように頑張ります!!

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました