恥ずかしながら、過去の模試の結果を大公開

中小企業診断士

こんにちは! このブログでは、皆さんの人生がイージーモードになるような情報を日々発信しております。 よかったらお気に入り登録のほどよろしくお願いいたします。

今回は、僕が中小企業診断士試験に向け勉強していたころのお話をします。

1次試験、2次試験合格に至るまで

僕は社会人2年目の2016年8月に1次試験に合格し、翌年2017年10月に2次試験に合格しました。合格まで2年かかりました。2016年に1次試験に受かった後、その年の秋に2次試験があったのですが、「これは絶対受からないだろうなぁ」と思い、受験しませんでした。

診断士試験は1次に合格したら翌年は免除になり、2次試験から受験できるので、それを利用しました
勉強期間としては、こんな感じです。

スポンサーリンク

2次試験直前に受けたTAC模試で撃沈。

僕は予備校に通わず独学で勉強していましたが、2次試験直前の2018年8月に大手予備校のTACで、直前模試を受けました。しかしながらこの模試で大撃沈しまして、、、「自分は本当に受かるのか?」とスーパー不安になったのを今でも覚えています。

ちょうど模試の受験日の前日にマニラ出張から帰ってきて、スケジュールとしては超ハードモードでしたので、そのせいもあります笑(言い訳)

では、当時の僕の模試の成績表を見てみましょう!

2次試験は4科目で、合格点はそれぞれ60点以上です。
僕の結果は、事例Ⅰが35点、事例Ⅱが42点、事例Ⅲが26点、そして事例Ⅳが0点wwww
事例Ⅳは財務会計ですけど、もう全く歯が立たなくてですね、最終科目だったしもうこれ以上受験会場にいても時間の無駄だと思ったので、開始15分で提出して帰宅しました(笑) 周囲の人は、あまりの僕の答案提出の早さに度肝を抜かれたでしょうね。相当財務会計が得意なんだと思われたでしょうね笑

まあどれも合格点には程遠い結果となりました。しかもこの結果、二次試験本番の1カ月前に届くという笑

封印していた答案用紙も一挙大公開!

では僕の事例Ⅰ~事例Ⅳの答案用紙もお見せしましょう。


模試の得点は気にするな

模試の得点は散々ですが、僕は何とか本番の2次試験に合格できました。当日の結果は、以下の通りです。

事例Ⅰ:69点、事例Ⅱ:66点、事例Ⅲ:59点、事例Ⅳ:50点 合計244点/400点(61%)

あと5点落としていたら不合格でした(あぶねえ笑)それでも合格は合格です。
僕の場合、事例Ⅳの財務会計が足を引っ張りましたが、事例Ⅰ~Ⅲで稼げたので何とか合格点に達しました

模試の結果はあくまでも目安です。模試を受験する際は、以下3点を念頭に置いて受験すべきだと思います。

得点は気にしない(ただし復習は必ずきっちり行う)
周囲に受験生がいる環境で問題を解くことに慣れる
時間制限を超えずに解ききれるかを確認する(記述式は想像以上に時間が過ぎるのが早いです)

僕はこの模試を受け終わった後、「撃沈したな」と思ったので速攻で復習しました。そのことで、散々な結果が返ってきても復習を終えているので、メンタルへのダメージは少なかったです。

2次試験合格に向け、僕は過去問をひたすら解き、「ふぞろいの答案集」を使って採点する、という作業を繰り返しました。過去問は同じ問題でも繰り返し解き、合格点をとれるまで取り組みました

その結果、どこに着目すればいいか事例ごとに頭に入ってきたので、当日も落ち着いて解くことができました。特に役に立ったのが、事例ごと(事例Ⅰだったら組織・人事)に会社としてあるべき理想の図を頭に叩き込むことです。これについては、事例Ⅰについて過去の記事(”理想の図さえ覚えればイージーモード”)で書いているので、参照してみてください。

まとめ

いかがでしたか。僕の模試の結果は最悪ですが、最後まで方法を間違えずぶれずに勉強を続ければ結果は出ます。みなさんも模試の結果に左右されず、合格をつかんでいただきたいと思います。

それではまた次回!もうGWも残り2日(T0T)涙
バーイ

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました