初値が上がるIPO銘柄の見分け方

日常

こんばんは!先週IPO抽選でsansan株が補欠当選になったのに、結局繰り上がらず落選したショックを引きずる日曜の夜を過ごしております。笑

僕はIPO抽選に参加してまだ半年程度ですが、これまで色々な株の本や雑誌を読み漁ってきました。その中で、この銘柄は上場後の初値が上がる!と推測する方法を知りました。今回はIPOで初値が上がる株銘柄の特徴をお教えします。

IPOとはそもそもなんぞやって方は、以下の記事から読んでみてください。

「IPOの話」

会社の創業年をチェック

IPOで上場する会社はたいてい創業して間もないです。創業してIPOまで到達する期間が短い会社の方が、成長の勢いがあって今後が期待できそうですよね

まさに、IPO銘柄を選ぶときはまず創業年が大切。創業から20年以内の会社かどうかをチェックしましょう。創業10年以内であればさらによいです。

スポンサーリンク

公募株、売出株比率をチェック

IPOで新規公開される株のうち、公募株、売出株というのが存在します。

公募株とは、このIPOで新しく発行される株

つまり、市場で買われれば企業の成長資金となります。

一方で売出株とは、その会社の経営者などが前から保有していた株を、IPOのタイミングで売却するものです。つまり、これは企業の資金とはならず、経営者などの懐に入るマネー。

だからこそ、IPOに際しては出来るだけ公募株比率が高い銘柄を選んだ方がよい公募株が多ければ、その分その会社に資金が入るからですね

たとえば今週水曜日に上場するsansanの例を見てみましょう。

公募株が50万株なのに対し、売出株が701万株。ほとんどが売出株ですね。市場で株が売却されると、そのお金はもともと株を持っていた人に入るわけです(いいなあ)

だからこそ、sansanのIPO抽選は人気が上がらず、僕でも補欠当選するくらいになったんでしょう。

増収増益かどうか

まあ当たり前ですけど、上場までに増収増益が続いている企業の方がいいですよね。そのほうが安心感があり、上場直後の初値で高い価格になりやすい。

ちなみにsansanは広告宣伝費などがかさみ、赤字になっています。。

上場市場がマザーズorジャスダック

マザーズもジャスダックも、ともに新興市場ですね。ここに上場する企業は会社の勢いを感じさせ、初値が上がりやすい。東証二部への上場はあまり人気が出ず、初値が上がりにくいそうです。

だから、IPOとなる銘柄を選ぶ際は、マザーズかジャスダック市場に上場予定の銘柄にするといいでしょう

ベンチャーキャピタルリスクが低い

ベンチャーキャピタルって知ってますか。僕は最近知りましたw

企業の成長のための資金を提供する代わりに、その企業の何パーセントかの未公開株式を受け取り、色々なアドバイスや経営支援をして、IPOできるよう企業を導くんです。

IPOまで辿り着ければ、その株を売れば大きな売却益を得られるので、そういう理由でベンチャーキャピタルは未上場の会社への投資を行っているわけです。

つまり、IPOとなる銘柄の株主にベンチャーキャピタルがたくさん入っていると、上場後にそれらのベンチャーキャピタルは株を売って儲けようとしてくるってことです。

ベンチャーキャピタルが株を売ればその分値段が下がる可能性があるわけですから、IPO銘柄の株主にベンチャーキャピタルが多いと投資家は敬遠します。

ロックアップ期間といってIPOの会社が上場してから、ベンチャーキャピタルがその株を売るのを制限している期間があります。これが180日間とか長い期間であれば多少問題ないのですが、30日とか2週間とかの短い期間だとリスクが高いそうです。

ではここで再びsansanの例を見てみましょう。

代表取締役社長の寺田さんを除いて、ほとんどがベンチャーキャピタルですねwwwww

ということは、いずれはSansanの株はこれらのベンチャーキャピタルによって売られてしまう可能性があります。その意味でも、SansanのIPO抽選は人が集まらず、倍率が下がったのだと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。IPO抽選は当選して初値で売ればほとんど高い価格で売れるので、売却益をゲットできます。しかし稀に、初値が下がって損をする銘柄も出てきます。

そういう銘柄の抽選に参加して間違って買わないように、きちんと自分の判断基準で買うか買わないかを考えるのが大切だと思います。

今回ご紹介したのは僕が株の書籍を読み漁って知った知識です。来週6月19日の水曜日にSansanの上場で株価の初値がわかるので、どういう結果になるかとても楽しみです。

今回のIPO補欠当選からの落選にめげることなく、今後もIPO抽選に参加していきたいと思います笑

それでは今日はこの辺で。また次回お会いしましょう!バイバイ!

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました