日常

IPOの話

どうもどうも。先週は忙しく記事更新が滞ってしまいました。今日は恵比寿のドトールに来て記事を書いてます^^ 休日の恵比寿は人がいっぱいでやばいですね。平日もですけど、休日もすごい。雨なのに。

実は先週、IPOの抽選で補欠当選しました。IPOって知ってます?未上場の企業が上場して株式を公開することです。僕は今年の1月からこのIPOをやっていて、今回初めて補欠当選しました。今日はIPOの話をしたいと思います。

IPOは株の抽選に参加するだけ

会社が上場するとき、株式を公開します。公開される株式を事前に買う権利を、抽選で当たればもらえるんです。IPOする会社はだいたい勢いのある会社が多く、値上がりが期待できるので、上場前に買っておいて株式公開時に売れば、かなりの売却益を得られます。

IPOに参加する条件は、

  • IPOを取り扱う証券会社に口座を開く
  • IPOとなる会社の抽選に申し込む

この2つだけです。証券会社はたくさんありますが、上場する会社によって株を買える証券会社が変わります。大手の証券会社で株口座を開いておけば大丈夫です。

僕は有名どころのSBI証券、大和証券、野村證券といった会社で口座を開いています。

スポンサーリンク

公開価格で買い、初値で売る

今回僕が補欠当選したのは、名刺管理アプリで有名なSansanです。よくCMとかもやってますよね。

IPO抽選で当たると、Sansanの株が公開される前に、「公開価格」と呼ばれる価格でSansanの株を買うことができます。今回の場合、Sansanの公開価格は1株4,500円でした。

100株からしか買えないので(=単元株)、Sansanの株を買うのに45万円かかるということになります。

念願のIPO補欠当選、だけど。。。

IPO抽選に当選すると上場前の株式を公開価格と呼ばれる価格で買えます。いざ上場する日には、その公開価格を上回る価格で株式が売買されるのが多いため、IPO抽選で当たれば利益がかなり出るんです。だからこそ、倍率はとっても高い。当たるには色々な証券会社で口座を開き、抽選に参加する必要があります。

抽選に参加する条件として、あらかじめ購入資金を入金しておく必要がある証券会社もあるため、資金力も重要になってきます。

今回、生まれて初めてIPOの抽選で補欠当選したんです。購入資金の事前入金が不要な野村證券から抽選に参加しました。

ただここからがさらに大変。補欠当選した人が繰り上がりで当選するには、約10倍の倍率をくぐり抜けなければなりません。補欠当選でもほとんどの人がハズレになるということです。

結果は

待ちに待った補欠当選の繰り上がり結果発表。僕は1日中会社でそわそわしておりました。笑

残念ながら、ご覧の通り結果はハズレ涙 やっぱり10倍の倍率は簡単ではなかった。。。

IPOで当たるとその株はほぼ値上がりするので、売却益を得られる可能性が高いです。しかし、もし上場前に手に入れた株が公開と同時に値下がりすると、損をする可能性もあります。

実際、今回のSansanも条件的にはあまり良くなかったらしく、上場と同時に株価が下がることが予想されています。だからこそ、僕でも補欠でIPO当選したんじゃないかと思います。

Sansanの株式上場は来週6/19の水曜日。初値がどんな値段になるか楽しみですね。45万円を上回れば、上回った分の売却益が手に入ることになりますね。僕はハズレだったので関係ないですが笑

まとめ

いかがでしたでしょうか?IPO抽選は少ないリスクでリターンが得られる初心者向きの投資だと思います。倍率は高いので当たる可能性は低いですが、何度もチャレンジして当選する人はたくさんいます。僕もそれを目指しています笑

もうそろそろボーナスが入る方もいると思うので、ぜひIPO抽選をやってみてはいかがでしょうか?

それでは今日はこの辺にしましょう。また次回!バイバイ!

スポンサーリンク

-日常

Copyright© ボビログ - Bobby Maihama- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.