中小企業診断士 2次試験本番で起きた想定外の事態

中小企業診断士

こんばんは!このブログは、ハードモードな俺の人生から得た学び・経験・知識を、皆さんの人生に役立てていただくためのブログです。よかったらお気に入り登録のほどよろしくお願いいたします。

Twitterでもつぶやいてますので、フォローはページ下部よりお願いいたします

今回は、中小企業診断士の2次試験対策中の受験生に向けて、俺が本番で味わった想定外の事態について共有します。本番直前で彼女にLINEで振られた話です。嘘です。

試験会場は神田外語学院

俺の2次試験の受験会場は神田外語学院。これは実際の俺の2次試験の受験票。

神田外語学院は、JR神田駅から歩いてすぐの専門学校です。

駅から歩いてすぐということもあり、試験前の会場下見は特にしませんでした。試験直前になってくると下見の時間ももったいない、ということで下見してる余裕がなかったです。

試験当日は余裕をもって神田駅に到着し、駅近くのサンマルクカフェで試験対策の最終確認をしていました。カフェにいたのはほとんど診断士2次試験の受験生だったと思われます(笑)

そして試験会場の受付開始時間が迫ってきたので、会場まで歩いていきました。神田外語学院に到着し、受験番号と試験を受ける教室をチェックします。会場はエレベーターで5階?くらい上がったところにある教室でした。

スポンサーリンク

想定外の事態発生.

教室に到着すると、想定外の事態が発生します。思わず、「どうしようお母さん!」と心の中で叫んでしまった俺。

想定外の事態とは、

机がコンパクト過ぎたこと

俺が今まで受験勉強をしてきた家の机や、TACの模試を受けた会場の机と比べかなりミニサイズな机でした

自分がシルバニアファミリーの森の学校に迷い込んだ、そんな感覚でした。

実際に俺が使った教室ではありませんが、ほぼ同じ教室の写真を神田外語学院のWEBサイトから持ってきました。こんな感じです。

コンパクト過ぎない?(笑) 上の写真の机にはタイヤが付いてますが、俺の教室の机はさすがにタイヤは付いていませんでした。でもサイズはこんな感じでした。

受験生の皆さんはご存知と思いますが、診断士2次試験では使うものがたくさんありますよね!

  • シャーペン
  • シャーペンの芯
  • 消しゴム
  • マーカー(俺は4色使うから4本)
  • 電卓
  • ペットボトルの飲み物

俺は使ってるシャーペンと消しゴムを机から落としたらパニックになるので、それぞれ予備のものも机に置いて受験するスタイルでした。

さらにこれに加えて、試験問題と解答用紙が配られます。机の上はかなりぎゅうぎゅうです。

俺は神田外語学院の机がシルバニアサイズだったので、予備のシャーペンと消しゴムは泣く泣く筆箱にしまいました。それからペットボトルの飲み物も邪魔だったので、試験前に水分補給し試験中はカバンのなかへ入れました。

このシャーペンと消しゴムの予備、それからペットボトルの飲み物をカバンに入れるという行為は、今までの受験勉強や模試ではやらなかったことなので、気持ちが動揺しました

想定外が起きても落ち着け

中小企業診断士の試験は1年に1回しかありません。だから本番は超緊張します

そんな緊張状態で想定外のことが起きると、かなり動揺してしまいます。机がコンパクトすぎるという一見些細なことかもしれませんが、いざ本番のタイミングでこれが起きるとメンタルにダイレクトにくる。

俺は何とか神田外語学院の小さな机で問題を解きましたが、あともう一つ何か想定外の事態が起きていたら、試験に集中することはできなかったでしょう(笑)

今からやる必要はありませんが、直前期になって過去問や模試を自分で解く機会があったら、ぜひ一度小さな机で解くようにしておくといいと思います。本番でいきなりシルバニアデスクが登場したら、かなり解きにくいです。できる対策は何でもしておくことが大切だと思います

学び

俺が診断士2次試験で味わった想定外の事態から学べる教訓はこちら

  • 試験会場が分かったら、必ずネットで調べて机やイスの写真を見ておく
  • 小さな机で問題を解く経験をしておく
  • できれば本番会場の下見も済ませておく
  • 試験本番で使う用具をなるべく減らすようにする

試験に合格したからよかったものの、これで不合格だったら俺は完全に神田外語学院の机のせいにしていたでしょう(笑)

受験勉強で培ってきた力を本番で出し切ることができるよう、下見など勉強以外での対策も大切です!

それでは今回はこのへんで!また次回お会いしましょう!バイバイ!



スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました