大公開!健康診断の結果表が返ってきました!

日常

こんばんは!このブログは、ハードモードな俺の人生から得た学び・経験・知識を、皆さんの人生に役立てていただくためのブログです。よかったらお気に入り登録のほどよろしくお願いいたします。

今年の5月に受けた健康診断結果が、先週返ってきました。実は今年の1月にも健康診断を受けておりました、その時に受けた診断がひどかったんです(涙)

1月に受診したときに受けた診断は

脂質異常症

初めて看護師さんから診断を受けたとき、「脂質」という言葉にびっくりしました。自分的には体型はひょろいし、特におなかが出ているわけでもない。なのになぜ脂質でひっかかる?しかも異常症というワーディングがさらに僕の恐怖感を煽りました(笑)

脂質異常症とは

脂質異常症とは何か。脂質異常症とは、血液中にふくまれるコレステロールや中性脂肪などの脂質が、一定の基準よりも多い状態のことをいいます。以前は、「高脂血症」と言われていたやつです。

カンタンにいうと、脂質異常症=「血液がドロドロの状態」

血液中に余分な脂質が多くなると、動脈硬化を起こしやすくなり、心筋梗塞や脳卒中などのリスクが高まります。しかも自覚症状がないため、ある日とつぜん心筋梗塞などの発作に襲われるひとも少なくないそうです。

さて脂質異常症が何か分かったところで、原因は何でしょうか?

主な原因は食生活です。動物性脂肪の摂りすぎ、コレステロールの多い食品が多いと危険です。

【脂質異常症になりやすい食事】

  • 鶏卵、魚卵(いくら、すじこ、たらこなど)
  • 肉の脂身(バラ肉、皮など)
  • 肉の内臓(モツ、レバー、ししゃもの内臓など)
  • マーガリンやショートニング
  • ポテトチップ
  • 生クリームやバターが材料の洋菓子(ケーキ、カステラ、シュークリームなど)
  • 甘いジュース
  • アルコール
  • 油を使った料理

けっこう皆さんが好んで口にするものが多くないですか?僕の好きなものもかなり揃ってます(笑)

スポンサーリンク

脂質異常症からの脱出は人生ハードモード

1月に脂質異常症と診断された僕は、何とか治そうと思い改善に乗り出しました。僕が重点的に取り組んだことは以下です。

  • 甘い飲みものは極力避ける(コーラなど)
  • ポテトチップは口にしない
  • マクドナルドなどファーストフードは食べない
  • 脂っこいものは食べない
  • ビアードパパは食べない
  • 魚を積極的に食べる
  • 運動する

これら7つのことを心がけるのは、自分にとってかなりハードモードでした。特に今まで好んで口にしていたコーラなどのジュースを避け、ポテトチップやファーストフード、ビアードパパなどはやめました。

そしてその代わりに魚を積極的に食べるようにし、さらに運動(エニタイム)をなるべくするように心がけました。

そして迎えた健康診断当日(5月)

脂質異常症と診断された1月から4カ月がたち、ついに健康診断の日がまたやってきました。今回は運動も行い食事も気を付けてきたので、ベストコンディションで迎えることができました。

当日、血圧を測る時に看護師さんから「体調はいかがですかー?」と聞かれたので、「絶好調です」と答え、失笑を買いました。

そして先週、その結果が返ってきました。その結果がこちらです。

異常なし!!キタァァァッァ―!!!!見事に脂質異常症を克服しました!!

さらに詳細を見てみましょう。左側が今回の結果、右側が前回の結果です。

まず総コレステロール値。前回の右側が258(基準より38オーバー)なのに対して、今回の左側では210!基準値内で前回よりも48下げることができました

続いて悪玉コレステロール。前回の右側が167(基準より28オーバー)なのに対して、今回の左側では127!基準値内で前回よりも40下げることができました。

ここまでコーラとポテチを制限するのは大変でしたが笑、無事に結果に出て良かったです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。脂質異常症は若くてもなりやすいので、皆さん食事には気を付けてください。特に僕はポテチやジャンクフードをよく食べてしまっていたので、それが大きな原因だと看護師さんに言われました。今では、ほとんどポテチやジャンクフードは食べていません。

食生活に気を遣うようになってから、体のコンディションも良くなっている気がしています。1日でもポテチを食べてしまった日があると、翌日の体が重く感じます。。。食生活って大事なんだなーと脂質異常症を通して学びました(笑)

ちなみに脂質異常症は治りましたが、身長は縮みました!

それでは今回はこの辺で、また次回お会いしましょう!バイバイ!

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました