本当に?「付箋+手書きメッセ」で依頼せよ

日常

こんばんは!このブログは、ハードモードな俺の人生から得た学び・経験・知識を、皆さんの人生に役立てていただくためのブログです。よかったらお気に入り登録のほどよろしくお願いいたします。

さて、今日も心理学のお話!オフィスで使う文房具用品で、こちらの依頼に相手が気持ちよく応じてくれやすくなるものがあります。それはなんでしょうか?

それは、付箋です!

付箋の力おそるべし。

社会科学者のランディー・ガーナーという人が行ったこんな実験があります。

【実験】
ある調査票への記入をお願いするため、対象者に対して依頼状を添えて調査票を送りました。送り方は以下の3パターンでした。

パターン1
「調査票の記入をお願いします」と手書きした付箋を、依頼状の表紙に貼って送る

パターン2
「調査票の記入をお願いします」と、依頼状の表紙に手書きして送る

パターン3
依頼状と調査票のみを送り、手書きメッセージはなし。

この実験の結果、最も多くの人が調査票を書いたのはパターン1、つまり手書きの付箋がついた依頼パターンでした。

パターン1では75%の人が記入してくれたのに対し、、パターン2では48%のみ、パターン3では36%にとどまりました。

スポンサーリンク

返報性の原則が働いた

この実験を行ったガーナーによると、パターン1が最も多く調査票に記入してもらえたのはこう説明できます。

依頼主が付箋を探してきて依頼状の表紙に貼り付けて、手書きのメッセージを書いてくれたことに対し、受け取る側がそこに送り主の手間と心遣いを感じ取り、それに報いなければならないと感じた。

つまり、受け取る側が依頼主の心遣いと手間に対して、調査票を記入することで報いようとしたということです。

人は何かを他人にしてもらったら、お返しをしなきゃと考えます。これは万国共通で、人間の基本的な心理原則「返報性の原理」と呼ばれます。

皆さんも、誰かに親切にされたり助けてもらったりしたら、お返しをしなきゃと思いますよね?あれです。

付箋の力はまだまだあった

先ほどの実験にはまだ続きがあります。

手書きの付箋で調査票への依頼をしたパターン1では、その他のパターンに比べて、より短期間で、より詳しく丁寧な回答を得られたんです。

さらに、手書きの付箋に依頼主のイニシャルを入れたり、「ありがとうございます。」と書き添えたりして親しみを込めると、調査票の回収率はさらに上がったそうです。

この実験から言えることはなんでしょう?

それは、人に何かを依頼するときは、その方法に親しみや心遣いが表れていればいるほど、相手が承諾してくれる可能性が高まるということです。

一番手っ取り早いのは、今回の実験のように付箋+手書きメッセージを使うことですね。

自分が依頼を受ける側だとイメージすると、誰かから何かを依頼されたときに、そこに手書きの付箋で依頼のメッセージが書かれているのと書かれていないのとでは、受けるイメージが全然違うと思います。手書きメッセージがあったほうが、「よし、協力してあげるか」という気になりやすいですよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。会社で誰かに何かをお願いしないといけないシーンでは、もし可能であるならば

付箋+手書きメッセージ

が有効です。直接依頼相手に資料等を手渡しできる場合とかでも、付箋+手書きメッセージのひと手間を加えることで、対応してくれる確率や対応してくれる内容度合が良くなるのではないでしょうか

僕はこの事実を知ってから、積極的に付箋+手書きメッセージを使っています。あんまり活用しすぎると微妙なので、積極的にといえど使うタイミングは見極めるようにしていますが。

皆さんもぜひやってみてください。

それでは今回はこのへんで。また次回お会いしましょう!バイバイ!

【参考文献】
「影響力の武器 実践編」

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました