中小企業診断士 1次試験対策

中小企業診断士

こんばんは!このブログは、ハードモードな俺の人生から得た学び・経験・知識を、皆さんの人生に役立てていただくためのブログです。よかったらお気に入り登録のほどよろしくお願いいたします。

今回お話しするのは、中小企業診断士1次試験対策

来年8月に行われる中小企業診断士1次試験ですが、残り約10か月となりました。俺は独学で中小企業診断士試験に合格しましたが、実は試験勉強を始めたのはちょうど今頃の時期です。

今回はどうやって独学で1次試験の勉強を進めたか、その方法を皆さんにご紹介したいと思います。

動画で見る1次試験対策

Youtube「人生ハードモードチャンネル」にて、独学で中小企業診断士次試験に受かるための対策を紹介しています。字を読むのが面倒な人、俺の熱い声を聞きたい人(笑)は、こちらの動画がおすすめです。

このブログには書ききれていないことも放送していますので、ぜひご視聴ください。

【独学で受かる】 中小企業診断士1次試験対策
スポンサーリンク

独学で受かる1次試験対策

中小企業診断士の1次試験はマークシート方式で、科目は全部で7科目あります。1次試験合格のためには、この7科目の得点合計が6割を超えていること、そして1科目でも4割を切っていないこと、この2つが条件になります。

要するに、得点率が60%以上で、どの科目も足切りの40%を下回っていないこと。これが条件です。

私の場合は予備校に通っていなかったので、てか予備校に通うお金の余裕がなかったので、すべて独学で勉強しました。私が使った教材は、TACが出しているスピードテキストとスピード問題集です。

勉強の進め方としては、まずTACの1次試験テキストの読み込みを行います。

ポイントは、自分の好きな科目・得意科目から手を付けること。

1次試験が7科目あるなかで得意科目・苦手科目それぞれ皆さんあるかと思いますが、得意科目から手を付けましょう。なぜなら苦手科目から手を付けると、途中で心が折れるからです(笑)7科目対策するのは超時間がかかります。だからこそ得意科目から片づけて、どんどん対策を進めたほうがいいと思います。

テキストいつ読んだらいいんですか?という顔をしたそこのあなた。僕の場合は電車で読んでました。会社の行きの電車、帰りの電車、その時間でテキストを読み込む生活を続けていました。

問題演習のやり方

テキストを読み進めたら、その進んだ範囲の内容をスピード問題集で復習します。ちゃんと自分が読んだテキストの内容が理解できるか、問題集で確認してください。

問題集はいつ解いてましたか?という顔をしたそこのあなた。僕の場合は、会社の始業前に会議室で1人で解くっていうのが多かったです。あとは家に帰ってから。そして土日です。やっぱり毎日こまめに問題集を解くことが、記憶にも残りやすいですし有効な対策かと思います。問題集は、最低でも3周はくり返し解くようにしましょう。

で、ここからが重要なポイントです。間違えた内容、それから自分の中で大切だと思った内容については、自作のノートにまとめる、これが大事です。

私の場合はこんな感じでまとめていました。

自分が間違えた内容、重要だと思った内容について、科目ごとにノートにまとめることで色々なメリットがあります。

  • 間違えた内容が定着しやすい
  • ノートを見るだけで復習ができる
  • テキストに比べて持ち運びがカンタン
  • 試験直前にも読むことができる

など、ノートにまとめることで学習効果をさらに高めることができるので、かなりおすすめです。

過去問について

1科目のテキストを読み終わったら、次のテキストを読んでまた問題集で復習すると、こういうサイクルをまわすようにしてください。 7科目ありますから 、全部のテキストを読み終えるまでかなり時間がかかると思います。で、その間に以前読んだテキストの内容を忘れがちです。それを防止するために、問題集は定期的に解くようにしてください。

問題集を3周したら、次に解くのは何でしょうか。ありがとうございます、過去問ですね。

第1次試験用の過去問題集が同じくTACから発売されています。私の場合はそれを買って、過去問対策をしていました。

手を付ける科目は好きな科目からでいいと思います。過去問はなるべく5年分以上は解きたい、そして最低2周はしたいです。もちろん過去問を解くときは、しっかり時間を計って解くようにしましょう。

ここまでの内容をまとめると、こんな感じです。

  • TACのスピードテキストを読む。ポイントは得意科目から始めること。
  • テキストを読み進め、スピード問題集を解く。
  • 間違えた内容、重要な内容は自作のノートにまとめる。
  • 問題集は最低3周解く。
  • テキストの読み込み、問題集が終わったら過去問を解く。
  • 過去問は5年分を最低2周解く。

財務会計の対策はTACだけじゃ足りない

1次試験対策として、他の科目とは少し違った対策を加えないといけないのが財務です!

財務は、ふだん仕事でなじみがあるひとには問題ないかと思いますが、なじみのない人にとって対策はかなりきついですよね。僕もそうでした。そんな財務が苦手な方には、TACのテキストとスピード問題集では対策が足りないと思います。

僕がおすすめの2冊の問題集があるので、ご紹介します。まずはこちら。

ビジネス基礎体力が身に着く 決算書を読む技術」

この本の内容については、Youtubeで説明していますのでぜひご視聴ください。

⇒ Youtube「独学で受かる中小企業診断士 1次試験対策」を視聴する

おすすめ書籍のもう1冊はこちら!

「中小企業診断士2次試験 事例Ⅳ合格点突破計算問題集」

これについても先ほどのYoutubeで触れていますし、以前記事にしていますので、興味のある方はそちらをご参照ください。2次試験対策用の問題集ですが、1次試験にも使えるかなりおすすめの問題集です。

【関連記事】

財務会計をイージーに!診断士の財務対策はこれを使え!

まとめ

いかがでしたでしょうか。1次試験は来年の8月の最初の土日に行われます。もうすぐ11月なので、あと10か月ですね。

診断士1次試験は7科目あって大変ですが、学んだことは絶対に自分に返ってきます。仕事でも1次試験で学んだ知識が役に立ちました。だから心を折らさないよう最後までがんばってください。応援しています。

【関連Youtube動画】



スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました