中小企業診断士

中小企業診断士受験生のモチベを上げたい

こんばんは!このブログは、ハードモードな俺の人生から得た学び・経験・知識を、皆さんの人生に役立てていただくためのブログです。よかったらお気に入り登録のほどよろしくお願いいたします。 またTwitterでもつぶやいておりますので、フォローはページ下部よりお願いいたします。

中小企業診断士の受験生の皆さん、いかがお過ごしでしょうか?こう毎日暑いと勉強のモチベーションがなかなか上がりませんよね。

今回は、診断士受験生のモチベーションを少しでも上げれるような記事を書きたいと思います。

1次合格証書を見てみよう

皆さんが晴れて1次試験に合格すると、1次試験の合格証書が郵送されてきます。まず飛び込んでくるのは、1次試験合格のお知らせの紙。これを見ると、これまで頑張ってきた苦労が一気に吹き飛ぶくらい嬉しいです。

これは、実際に僕の手元に郵送された1次試験合格のお知らせです。

この紙と一緒に、1次試験合格証書が入っています。

実際の僕の合格証明書がこちら。氏名や住所は隠しています(笑)

この証書は大切に部屋で保管しています(笑)この用紙を受けとって1カ月後くらいに、2次試験が待っています。僕の場合は、その年には受験せず翌年に受験しました。

スポンサーリンク

2次合格証書を見てみよう

さて、中小企業診断士試験の鬼門である2次試験を突破すると、1次試験のときと同様、合格証書が郵送されてきます。僕の場合は合格発表を会社のPCから見ましたが、合格者一覧に自分の受験番号を発見したときは、思わずオフィスの椅子から飛び上がってしまうくらい、嬉しい思いを経験しました。

合格者一覧に自分の受験番号が載ったページの写メを、これまで応援してくれた家族や友人にLINEで送りました(笑)

そして、合格発表からしばらくすると、2次合格証書が送られてきました。これが僕の手元に届いた合格証書です。例によって、氏名や住所は隠しています(笑)

ここの合格にたどり着くまで2年かかりましたが、合格したときの喜びは最高です。

実務補習修了証書を見てみよう

中小企業診断士試験に合格すると、次は実務補習となります。合格から3年以内に実務補習を3回終えなくてはなりません。

実務補習もこれまた大変です。初めて会った人と5~6人でチームとなり、実際の中小企業を訪問して課題を抽出し、施策を提案するという流れ。僕は5日間コースを経験しましたが、前半2日間、1週間を挟んで後半3日間というスケジュールが基本です。

前半2日間で課題を抽出、組織人事・営業・財務などで担当を割り振り、それぞれの担当者が施策をまとめ、最終的に厚さ3cmくらいの提案書にまとめます。前半と後半の間にある1週間で自分の担当分の施策を考えワードにまとめるのですが、これが最高に大変。

1回目の実務補習の際は、どうまとめたらいいかまるで分からず、メンバーの中で同じ最寄り駅だった先輩の家にお邪魔し、徹夜で指導していただきました(笑)今思えばほんと感謝しかないです。

という大変な実務補習を終えると、中小企業診断協会から実務補習修了証書がもらえます。これを受け取るとまた最高にうれしいです。

実際に僕がもらった修了証書はこちらです。

実務補習はやりがいが多くかなり充実した研修です。人脈も増えるし、診断士業務の醍醐味も味わえます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?毎日毎日診断士の勉強をしていると、集中力が切れモチベーションも下がってきますよね。この記事を読んで、少しでも診断士受験生の皆さんが合格後のイメージを膨らますことができ、勉強へのモチベーションが上がればいいなと思います

暑い中大変だと思いますが、応援しております!!!

それでは今回はこの辺で!また次回お会いしましょう!バイバイ!

スポンサーリンク

-中小企業診断士

Copyright© ボビログ - Bobby Maihama- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.