友達同士でもおすすめ!シングルライダーの乗り方解説!

ディズニー

こんばんは!このブログは、ハードモードな俺の人生から得た学び・経験・知識を、皆さんの人生に役立てていただくためのブログです。よかったらお気に入り登録のほどよろしくお願いいたします。

ディズニーシーに男1人で行きはじめてから約2カ月だんだんとぼっちディズニーに慣れてきました(笑)

よく「1人で行ってアトラクションは乗るんですか?」という質問を受けるんです。1人で行った時はあんまりアトラクションは乗りません。まだそこまでメンタルが仕上がってません(笑)

ですが、最近になって初挑戦したことがあります。それは、

シングルライダー

1人でアトラクションに行くと、ファストパスと同じレーンからアトラクションに乗れるもので、お1人様に非常に優しいシステムです。

シングルライダーを利用できるアトラクションは限られています。

【ディズニーシー】

  • インディージョーンズ・アドベンチャー
  • レイジングスピリッツ

【ディズニーランド】

  • スプラッシュマウンテン

これらのアトラクションでは、スタンバイの列に並ぶことなくシングルライダーを利用することが可能です。

シングルライダーの乗り方、実際に乗ってみた様子はYoutube「人生ハードモードチャンネル」にアップしています。

ディズニーシー 男1人でシングルライダーに乗ってみた



どうやって乗るの?

シングルライダーの乗り方は超簡単です。

キャストさんに「シングルライダーに乗りたいです」と伝えましょう。そうすると、シングルライダー用の紙を渡してくれます。

キャストさんがこの紙を渡してくれるとともに、ファストパス専用のレーンに案内してくれます

ちなみにシングルライダーの紙には、中国語と英語の表記もあります。この中国語の表記がとてもかっこいいんですよ。

単人騎士

騎士ですよ騎士(笑)シングルライダーの紙を渡してくれるよりも、「単人騎士」と書かれたタスキとかを渡してくれるほうがアトラクションに乗りやすくなるかもしれません(笑)

シングルライダーの紙は、アトラクションに乗る直前のファストパス読み取り機のところでキャストさんに回収されます。同時に、シングルライダー専用のレーンに案内されます。

インディーの場合は通常のレーンの裏手にあるレーンに案内されるので、かなりテンションが上がります。Youtubeチャンネルではインディーのシングルライダー利用時の動画を公開していますが、こんな感じで専用レーンんを通ることができるんです。

シングルライダーは、余っている1人座席に案内される仕組みで、進みがめちゃくちゃ早いです。待ち時間はほとんど発生しません。

スポンサーリンク

シングルライダーのメリット・デメリット

シングルライダーのメリットは、何といっても待ち時間の少なさです。ファストパスとほぼ同じ待ち時間でアトラクションに乗ることができます。しかもシングルライダー専用のレーンがあるので、ふだん通ることができないレーンを見れるという楽しさもあります。

シングルライダーのデメリットは、文字通り1人で乗らないといけないという点(笑)

周囲がとてつもなく盛り上がっている状況で1人で乗ると、こちらがどういう顔をして乗ったらいいのか迷いま(笑)それと1人なので、俺的には大声ではしゃぐことができず消化不良感があります。でも慣れればどうってことなくなると思うので、そこまで気にする必要はないかと思います。

あとシングルライダーは、アトラクションが激混みの場合は待ち時間がかなり長くなったり、日によっては利用できない日があったりします。

俺が先日11月4日(月)にディズニーシーに行った時は、インディーが180分待ちでした。この状況でシングルライダーを利用しようとしたところ、

「今日は混雑のためシングルライダーでもかなり待ちますが、よろしいでしょうか?」

とキャストさんに聞かれました。結局その日はシングルライダーを利用せずに帰りました(笑)実際にどれくらい待てばいいのか、今度ちゃんと確認したいと思います。

【まとめ】

シングルライダーのメリット

  • ほぼ並ばずに乗れる
  • 専用のレーンを通れる

シングルライダーのデメリット

  • 1人だとあんまり盛り上がれない
  • 大きな声ではしゃぐのができない(俺)
  • 日によってはかなり待つ or 利用できない日がある

まとめ

いかがでしたでしょうか。ファストパスが無い日にシングルライダーを利用してみると、その威力を身をもって感じることができます。ファストパスを持っていないのに、ファストパスと同じ威力を発揮できるシングルライダー。

1人でディズニーに行くのに抵抗を感じない方、友達と分かれてアトラクションを利用するのに抵抗が無い方、とにかく待ち時間を減らしたい方などに、超おすすめのシステムです。

俺は以前はシングルライダーにびびってましたが、ぼっちディズニーを繰り返しているうちに乗れるようになりました(笑)

俺のぼっちディズニーの様子はたくさんyoutubeにアップしていますので、ぜひ見てみてください!

年パスの男が1人で行く
休日の東京ディズニーシー

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました