驚異の威力!今すぐ瞑想をしよう!「最高の休息法」

日常

こんにちは! このブログでは、皆さんの人生がイージーモードになるような情報を日々発信しております。 よかったらお気に入り登録のほどよろしくお願いいたします。

今回ご紹介する本はこちらです。

【タイトル】
最高の休息法

【著者】
久賀谷 亮さん

一言でいうとこんな本

瞑想を通して疲労感を解消し、ストレスを軽減する方法について教えてくれる本

スポンサーリンク

こんな方におすすめ

  • 休んでも休んでも、疲れが取れにくい
  • もともと疲れやすい
  • コストゼロでストレスを軽減したい

エッセンスを図解

忙しくて本を読む時間が取れないけど内容をサクッと知りたい、そもそも読書は嫌いだけど人生イージーになるなら内容だけサクッと知りたい、そのような思いをお持ちの方へ贈ります。

この本で紹介された熱心な瞑想家

この本で紹介されていた熱心な瞑想家たちです。意外なほど多くの著名人が瞑想をしていました。しかも蒼々たるメンバー。

心に残ったキーセンテンス

  • 瞑想は8つの脳の部位の容積や密度を明らかに変える
  • 雑念に気付いたら、ゆっくりと呼吸に注意を戻す。
  • 脳の疲れは、過去や未来から生まれる。終わったことを気に病んだり、まだ起きてもいないことを不安に思ったり、とにかく心がいま・ここにない
  • 人間の脳は放っておく、とにかく過去や未来のことを考えようとする
  • マインドフルネスの目的は、過去や未来から来るストレスから解放されること。
  • マインドフルネスは、はじめて世界に触れる子どもの心を取り戻す。
  • 人間の脳は習慣が大好物
  • 疲労感の解消に欠かせないのはやはり運動。運動によって人間の脳が変わる
  • 脳は2つを同時にできない。仕事モードと休息モードをはっきりさせる
  • 没頭できるものを持つ
  • 「自分自身」と「自分の考え」を同一視しない。
  • ベッドで寝る前にマインドフルネス呼吸法

この本で紹介されている瞑想法の一つを紹介

  1. 自分が駅のプラットフォームにいるところを想像する
  2. サルが乗った電車がやってくる
  3. 電車はしばらく駅にいるが、あなたはホームにそのまま留まる。
  4. しばらくすると電車は、サルを乗せたまま走っていく。

サル=雑念。サルに対して、傍観者であり続けることが重要。

まとめ

僕はメンタリストDaiGoの動画をきっかけに、瞑想について興味を持ち始めました。そこから毎日瞑想をするようになり、ストレス・疲労感が以前と比べてだいぶ軽減されています

詳しくは、僕がやってる瞑想についての記事があるので、そちらを見てみてください。

皆さんの日々のストレス・疲労感が少しでも軽減されれば嬉しいです。

それではまた次回!See you next time!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました