ディズニー

6月に日本上陸決定!! ディズニープラスは入るべきか?

みなさんこんにちは。昨日発表されましたが

6月からディズニープラス(Disney+)が日本に上陸します!!

既にあるディズニーデラックスと同様、ディズニーの動画配信サービスです。

今回はこのディズニープラスについてご紹介します。

こんな方におすすめ

  • ディズニープラスとディズニーDXの違いを知りたい方
  • どちらに加入すべきか悩んでる方

ディズニーデラックスについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をどうぞ

【考察】2020年 ディズニーDXは加入すべきか?

 

5つの違い

ディズニープラスとディズニーデラックスの大きな違いは、以下5点です。

  • 運営元
  • 取り扱い作品
  • 対応画質
  • 利用可能地域
  • 対応デバイス

以下、詳しく見ていきます。

スポンサーリンク

運営元

ディズニープラスは、米ディズニー本社であるウォルト・ディズニー・カンパニーが運営する動画配信サービスです。

ディズニーデラックスは、日本のNTTドコモウォルト・ディズニー・ジャパンが手を組んで運営する、日本の動画配信サービス

■ディズニープラス
・米国ウォルト・ディズニー・カンパニー

■ディズニーデラックス
・NTTドコモ
・ウォルト・ディズニー・ジャパン

両サービスに関係性等は特にないようです。

ちなみに僕はディズニーデラックスに加入しています。加入時にはディズニーアカウントとdocomoアカウントの2つが必要です

このアカウント作成×2回が地味に面倒くさい(笑)

docomoユーザじゃなくても、docomoアカウントは作れるぞ

取り扱い作品

違いの2点目は、オリジナル作品の有無です。

ディズニープラスでは、ディズニープラスでしか見れないオリジナル作品が多数配信されています。こんな感じです。

■ディズニー
・ハイスクール・ミュージカル
・わんわん物語
・The Imagineering Story

■ピクサー
・ドラマ版モンスターズ・インク

■スターウォーズ
・マンダロリアン
・クローン・ウォーズ シーズン7

■マーベル
・The Falcon and The Winter Soldier
・WandaVision
・Loki
・What if...?
・Hawkeye
・Ms. MARVEL
・MOON KNIGHT
・SHE HULK

一方ディズニーデラックスには、オリジナル作品がほとんどありません


もちろん、定番のディズニー作品、ピクサー作品、スターウォーズ作品、マーベル作品は視聴可能です。

対応画質

3点目の違いは対応画質です。ここもディズニープラスの勝利

■ディズニープラス:4K対応
■ディズニーDX :フルハイビジョン

僕は個人的に4Kもフルハイビジョンもあまり違いを感じたことがありません。

ディズニーデラックスで普段作品を視聴していますが、十分きれいに見れています。

ここらへんは好みの問題かと思います。

利用可能地域

4点目の違い、利用可能地域。ここもディズニープラスの勝利

ディズニープラスはグローバルに対応しているため、日本以外でも以下の国でサービスを利用できます。

■主なサービス利用可能国
・アメリカ
・カナダ
・オランダ
・オーストラリア
・ニュージーランド
・フランス
・ドイツ
・イギリス

一方ディズニーデラックスは日本独自のサービスのため、利用できるのも日本だけです。

海外でwifiを使ってディズニー作品を見たい方にはディズニープラスがよさそうですが、日本で使うならディズニープラスもディズニーデラックスも大差ないと思います。

ディズニーデラックスのダウンロード機能を使って、あらかじめデバイスに作品を落としておけば、海外でも見れるので問題ありません。

ディズニープラスにもダウンロード機能があるぞ

対応デバイス

ディズニーデラックスの対応デバイスは、PC、スマホ、タブレット。

一方でディズニープラスは、上記に加えPS4やXBOX ONEにも対応しています。

  • ディズニーデラックス
    ⇒ PC、スマホ、タブレット
  • ディズニープラス
    ⇒ PC、スマホ、タブレット、PS4、Xbox

特に最近はPS4で動画を見たりする人も多いので、そういう人にはディズニープラスは使いやすそうです。

ここが気になる

1点目:価格

ディズニープラスのアメリカでの価格設定は、月額6.99ドル

日本円にすると、1ドル=105円として約734円です。

ディズニーデラックスの月額は770円(税込)

月額料金
■ディズニープラス:6.99ドル(米国)
■ディズニーDX :770円

ディズニープラスの日本での価格がアメリカと同じくらいなら、ディズニーDXと大差ない価格になりますね。

2点目:字幕設定

以前僕がディズニーデラックスについて記事を書いたとき、メリットとして「英語字幕機能」をあげました。

これは作品を英語音声・英語字幕で見れる機能で、英語学習者にとってはかなり役立つものです。

この英語音声・英語字幕機能がディズニープラスにもあるか?これが気になります。

もし無いなら絶対にディズニープラスには、入らないと思います(笑)

で、結局どっちに入ればいい?

ここまでディズニープラス、ディズニーDXの違いを見てきましたが、結局どちらに加入すべきなのでしょうか?

現段階でわかっている情報を総合して判断した結果、こうなりました。

スターウォーズファン、マーベルファン、PS4ヘビーユーザーならディズニープラス。そうじゃないならディズニーDXでいいかも

 

やはりディズニープラスの最大の魅力はオリジナル作品だと思います。

利用可能地域とか画質は、日本で見る分には大差ないでしょう。

また既にディズニーDXに加入済の方も、特にこだわりがない限り継続加入でいいと考えます

ディズニープラスの加入方法や月額などの詳細が発表されましたら、また記事にしていきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

-ディズニー

Copyright© ボビログ - Bobby Maihama- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.