日常

うまくいかないときは、流れに身を任せる

本日は4月1日。新年度がスタートですね。社会人になる、進学する、転職するなど、環境が変わる方も多いと思います。

勝負パンツを履いている方も多いでしょう。

今日はそんなみなさんに、僕が好きな言葉を贈ります。

「うまくいかないときは、流れに身を任せる」

YouTubeでの経験

世の中生きていると、良いこともあれば悪いこともある。時に、どう頑張ってもうまくいかない時期が訪れます。

すぐに結果が出ない、事態が好転しない、良いことが全然ないなど、負のループにぶちこまれる。

僕も大なり小なり、この負のループにぶちこまれてきましたが、そんなとき助けてくれたのが、「流れに身を任せる」という発想です。

全然再生されない動画

2019年10月からYouTubeを始めました。当初まだ1本~2本しか動画をアップしていないのに、「俺はYouTuberだ」と家族に豪語。とても恥ずかシー。

YouTubeは新しい挑戦だったので、撮影・編集・投稿どれも新鮮で楽しかったんですね。まずは動画100本!と言い頑張っていました。

 

 

アップした動画は全く再生されませんでしたYouTubeはとても残酷。

動画が20回再生されたとしても、そのうち15回は自分で再生みたいな感じ。どんなに投稿を続けてもほとんど再生されない。

10月から始めたYouTubeでしたが、再生されないまま11月、12月と時が流れていきました。

「こんなに投稿してるのに、なぜ再生されないんだ?」

どんな動画をアップすれば再生されるのか、それなりに分析して投稿していたのですが、全然だめ。

動画を投稿しても投稿しても、誰も見てくれない。

こうなると人はどうなるか。

 

 

やる気を無くします(笑)

 

 

だんだんテキトーになってくるんですね。

動画をアップ
⇛ 再生されない
⇛ やる気を無くす
⇛ テキトーになる
⇛ さらに再生されない
⇛ さらにやる気を無くす

このループにハマりました。

再生されないけど、とりあえず動画アップしとくかくらいの感じでした。

あるコメントが救いに

そんなとき、僕の動画に1つコメントが付きました。

コメント

「朝の混雑状況を紹介してくれるのはとても役に立ちます!ありがとうございます!」

たまたま1度、朝のディズニー開園前の動画をアップしていたのですが、それにコメントがつきました。

このコメントを見て僕はハッとしたんですね。

そうか!

ディズニーの朝の混雑が分かる動画だと、ゲスト、特に遠方のゲストに見てもらえるのではないかと。

確か2019年12月末だったかと思いますが、このコメントが僕の転機になりました。

スポンサーリンク

混雑攻略シリーズ

そしてコメントをもらってから始めたのが、「朝の混雑攻略シリーズ」

  • ディズニーランド開園2時間前の様子(AM6:00)
  • リゾラ始発に乗ってソアリンに並ぶ検証
  • 開園と同時に列に並び、何分でイン可能か検証

年が明けて1月、この動画たちがようやく再生されるようになり、初めて1万回再生されたんですね。

この時は大声で叫びたくなるほどうれしかったです。

スポンサーリンク

流れに身を任せてみる

どうしても嫌なこと。メンタルを病みそうなこと。そういうのは逃げましょう。

それらを除いたうえで、うまくいかないことがあるとき。

やったことが裏目に出る、思うように進まないなど、こういうときは変に抵抗するのではなく「流れ身を任せる」のがいいです。

悪い流れにあるときは、何をやってもうまくいきません。

無理して何か改善しようとしても、いい結果は生まれにくい。

再生されない当時の僕は、もう何をすればいいのかわかりませんでした。

投稿する動画、どれもだめ。

都内でたまに見かけるマリオカートのツアーありますよね。外国の方がよく乗ってるマリオカート。

僕も友人に誘われ乗ったことがありますが、そのマリオカートの紹介をYouTubeにアップしようとしていました。今思えばアップしなくてよかったですが、それくらい迷走していました。

そういうときは、もういったん諦める。その場の流れに身を任せてください。

必要最低限のことをやり、あとは静観する。

僕もYouTubeをやめることはせず、とりあえず続けて様子見していました。

その時に起きたのが、先ほどのコメントです。まさに流れが変わった瞬間。

悪い流れにあるときは、いったん身を任せ、ムダな抵抗しない。静観する。

そうすると、次に進むべきところが見えてきます。

林先生とホリエモン

東進ハイスクールの林先生、それからホリエモンの本に同じようなことが書いてありました。昔ノートにメモっていたのですが、ご参考までにご紹介します。

まずは林先生から。

(中略)悪い流れにあるときは、どうすればいいのでしょうか?まずはじっと耐えるのです。必ず自分に流れが来る。そう信じて耐え抜くのです。

決して眼の力を失うことなく、何か変化はないだろうかと鋭く観察しながら、誠実に眼の前の仕事をこなしていくだけです。

この際に絶対にやってはならないことは、諦めてヤケクソになることです。そんなことをしたら、来るはずのいい流れも来なくなってしまいます。

(「いつやるか?今でしょ!」より)

それから続いてホリエモン。いくつか印象に残った部分を、つなげて書いています。

人生とは一本の大きな「川」のようなもので、そこをただ流されているのが僕たち人間だ。

僕たちは大きな「川」の流れのなかにいるのだから、ひとたび目の前に「滝」が現れたら、どんなにもがいてもムダだ。むしろ、手足をジタバタさせていると、落っこちたときに大けがをしかねない。

外部の世界は、思うように変えられない。だから、身体の力を抜いて「川」にプカプカと受かび、ただ「漂流」する―それが最善だ。

「川」から見える景色やその意味は、自由に「解釈」を変えることができる。(中略)思いどおりにできるのは自分の心だけだ。そこにフォーカスしていれば、「滝」から落っこちる逆境の経験ですらたのしめる。

(「時間革命」より)

どうしてもうまくいかないとき。そのときは流れに身を任せる。

そしてヤケクソにならない。

これが大切です。

 

スポンサーリンク

-日常

Copyright© Bobby Maihamaのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.