ディズニー

【恐怖】海底2万マイルに乗ったら怖すぎてちびった話

みなさんこんにちは!

ディズニーシーのアトラクション、海底2万マイル

潜水艦に乗って海底を探索するライド系アトラクションで皆さんも乗ったことがあると思います。

僕も誰かと乗った経験は幾度となくあります。

先日、この海底2万マイルに1人で乗りました(笑)

例のごとく1人ディズニーをしているときに、ちょうどよく取れたファストパスを使って乗ってきました。

この1人で乗った海底2万マイルがすげえこわかった!!笑

今回はその体験を記事にしたいと思います。

貸切の海底2万マイル

海底2万マイルのファストパスを利用したのは、21時過ぎ

平日ということもあり、この時間帯の海底2万マイルは、ファストパスを使わなくても並ばずに乗れる感じでした(笑)

海底2万マイルの乗り場に着くと、あまりに空いていてゲストは1台ずつ貸切で潜水艦に案内される状態に。

当然1人で来ている僕も貸切で潜水艦に乗り込みました。

「いってらっしゃ~~い!」

キャストさんの声とともに閉まる潜水艦の扉。

ここからが恐怖の時間の始まり。

スマホを構えてムービーを撮ろうとしていたのですが、潜水艦の中があまりに暗すぎて、撮影を断念。

そこから普通に乗ることにしました。

スポンサーリンク

誰かが乗ってるんじゃないか

普通に乗っていると、なんだか後ろに誰かがいそうな気がして、だんだん怖くなってきました。

海底2万マイルは6人乗りのアトラクションで、3方向に窓が付いています。

その窓の前の椅子に座り、サーチライトを使って窓の外の海底の景色を眺めるアトラクションです。

この3つあるイスのうち、座っているのは自分だけ。当然、窓の方を向いて座っているので、他のイスの様子は分かりません。

これがクソ怖い

潜水艦の中は真っ暗。実は誰か乗っているんじゃないかと、少し想像しただけで恐怖に襲われます(笑)

「窓の反射で誰かの顔が映ったらどうしよう!」

「実は隣に人が座ってるけど、俺が暗くて見えてないだけ!?」

こんなことを想像してしまい、僕は震え上がりました。

しかも海底2万マイル、窓の外にみえる景色が結構怖い。

途中、潜水艦が巨大なタコに襲われますが、このタコの物体も1人で乗っていて見るとかなり怖いです。

手が震えてぶれてますね(笑)

とにかく、暗い潜水艦に1人で乗っていてこんなタコを見せられたら、ちびらないわけがない。

俺の前の潜水艦に1人で乗って行ったお姉さんは大丈夫なのか??

男の俺がこんなにびびってるけど、彼女は平気なのか?

そんなことも思いつつ、早く終われと願い続けながら乗っていました(笑)

まとめ

海底2万マイルはいつも空いてるし、ちょっとばかにしていたアトラクションでした(笑)

しかし今回貸切で1人で乗ってみて、かなりの恐怖に度肝を抜かれました。

友達と乗っていれば平気なのに、1人で乗った途端にイマジネーションが豊かになって怖くなる。

ポイント

海底2万マイルは1人貸切で乗らないほうがいい

海底2万マイルに1人貸切で乗る時は、ぜひ皆さん心してください。

スポンサーリンク

-ディズニー

Copyright© ボビログ - Bobby Maihama- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.