おすすめ

おすすめのバイノーラルマイクMu6 Lifelike2 イヤホン(iPhone・Androidともに使用可)

みなさんは「バイノーラルマイク」って聞いたことありますか?

最近だとASMRの音声配信や動画配信が増えていますよね。

ASMRの音は、バイノーラルマイクを使用して収録されています。

僕自身、stand.fmでの音声配信「Bobbyのレーディオ」でこのバイノーラルマイクを使用しています。

ASMRが目的ではないですが、通常のiPhoneのマイクで収録した時と比べ、音質がかなり違ってイイです。

今回は、僕が使用しているバイノーラルマイク「Mu6 Lifelike2イヤホン」をご紹介します。

 

バイノーラルマイクとは

バイノーラルマイクの「バイノーラル」とは、「両耳の」という意味です。バイノーラルマイクで収録することにより、イヤホンで聴いているにもかかわらず、音が立体的に=その場にいるかのような感覚で聴こえてきます。

僕自身も、初めてバイノーラルマイクのASMR配信を聞いたときは音質にびっくりしました。

 

参考

ASMR=Autonomous Sensory Meridian Response

聴覚や視覚への刺激によって感じる、心地よい・脳がゾワゾワするといった反応や感覚。

ASMRの配信については、以下のYouTube動画が参考になります。

https://www.youtube.com/watch?v=1YSFWniIj5o

 

また、バイノーラル録音の詳細の仕組みが気になる方は、以下「イシバシ楽器」さんのサイトが参考になります。

 

スポンサーリンク

Mu6 Lifelike2イヤホンがおすすめな理由

僕が音声配信で使用しているのが、「Mu6 Lifelike2 イヤホン」です。

もともとはiPhoneに向かってしゃべりかけて収録していましたが、「もう少し音質を改善したいな」と思い、たどり着いたのがバイノーラルマイクでした。

バイノーラルマイクを色々調べた結果、購入に至ったのが「Mu6 Lifelike2イヤホン」です。

Mu6 Lifelike2イヤホンのメリット

Mu6 Lifelike2イヤホンを使用して感じたメリットは、大きく以下の3点です。

メリット

  • 他のバイノーラルマイクに比べて価格が安い
  • iPhone・Android両方で使用できる
  • 簡単に操作できる

この3点について詳しくご紹介します。

 

他のバイノーラルマイクに比べて価格が安い

バイノーラルマイクは基本的に価格が高いです。

理由はよくわかりませんが、しっかりした性能のバイノーラルマイクを選ぼうとすると、5~6万円くらいかかります。

「そんな高いの!?」と当時の僕はぶったまげましたが、色々探して出会ったのが「Mu6 Lifelike2イヤホン」

超格安というわけではありませんが、1万円ちょっとで買うことができます。

他のと比べて安いので「性能は大丈夫か?」と不安になりましたが、買ってみた結果まったく問題ありませんでした。

 

iPhone・Android両方で使用できる

Mu6のLifelike2イヤホンは、iPhone・Androidの両方で使用できます。僕はiPhoneを使っていますが、専用のアプリをApp Storeからダウンロードすればすぐ使えます。

事前準備はアプリダウンロードのみ

アプリをダウンロードしたら、あとはケーブルをiPhoneに差し込んで録音すればOKです。

Androidの場合もしっかり対応しています。

Android用

iPhone用

 

簡単に操作できる

1度アプリをダウンロードしてしまえば、あとの操作は超簡単です。

ケーブルをスマホに差し込むだけです。

挿入後は、収録開始のボタンを押せば録音が始まります。

収録した音声は、しっかりとバイノーラルで再生されます。

 

Mu6 Lifelike2イヤホンのデメリット

メリットもあれば、もちろんデメリットもあります。

僕が使用してきて感じたデメリットは、次の3点です。

デメリット

  • 小さな音でも拾ってしまう
  • スマホカバーを取り外さないといけない
  • LIVE配信では使用できない

以下、デメリット3点を詳しく書いていきます。

 

小さな音でも拾ってしまう

これはバイノーラルマイク全般に当てはまることですね。バイノーラルマイクという性質上、かなり小さな音でも拾ってしまいます。

僕が音声配信をする際に困る音としては、

  • 室外の環境音(救急車、パトカー、暴走族)
  • 室内の生活音(扇風機、ドアの開閉)

家の外の音でもけっこうマイクで拾いやすいです。クルマの音をはじめ、雨や風の音も拾います。

また室内の生活音も、部屋の外でドアが開閉される音、母親がリビングで爆笑する声、犬の吠える声などが入るときがあります。

対策としては、できるだけ静かな夜の時間帯に収録をするようにしています。

自室に簡易防音室を導入することも一瞬考えましたが、さすがにやめました(笑)

 

神田産業
¥137,480 (2021/09/05 00:27時点 | Amazon調べ)

スポンサーリンク

スマホカバーを取り外さないといけない

Mu6 Lifelike2のケーブル部分は、形状が少し太くなっています。そのためスマホカバーをした状態でケーブルを差し込もうとすると、しっかりフィットしない場合があります。

僕のスマホカバーは割と厚みがあるため、ケーブルをiPhoneの奥まで差し込めません。

スマホカバーが邪魔で奥まで差し込めない

なので、音声配信の収録時は毎回スマホカバーを取り外し、iPhoneをむきだしにした状態でケーブルをつなげています。

毎回スマホカバーを外さないといけないのがちょっと面倒です。

 

LIVE配信で使用できない

あくまで僕がやっている音声配信「stand.fm」での場合ですが、LIVE配信ではバイノーラル配信となりません。

ただの普通のマイクとしては機能しますが、バイノーラル機能が消えます。

収録版であれば立体的に聴こえるのですが、LIVE配信だとだめです。

他のやり方があるのかもしれませんが、今のところ解決策は見つけられていません。

 

Mu6 Lifelike2 バイノーラルマイクの使用方法

バイノーラルマイクの使い方は、以下3ステップです。

  1. ケーブルをスマホにつなぐ
  2. イヤホンをダミーヘッドに装着する
  3. イヤホンに向かって話しかける

 

ダミーヘッドとは

ダミーヘッドとは、その名の通り「人間の頭の形をした」やつです。

正直、見た目はちょっとキモいです(笑)

ダミーヘッドの耳の部分はシリコンでできていて、実際の耳の感触があるのでさらに気持ち悪いです(笑)

このダミーヘッドの両耳に、バイノーラルマイクのイヤホンケーブルを差し込みます。

例えば右耳から聞こえるようにしたい場合は、右耳のイヤホンに話しかけます。

左耳から聞こえるようにしたい場合は、左耳のイヤホンに話しかけます。

両耳から聞こえるようにしたい場合は、イヤホンの真ん中付近で話せばOK。

 

ダミーヘッドが部屋に置いてあると家族から「何それ!?」って言われますので、丁重に説明しましょう。

ダミーヘッドなしでも録音可能ですが、絶対に買ったほうがいいです。

イヤホンをダミーヘッドに固定しないと、余計な雑音が入ってしまいます。

 

迷ったらMu6 Lifelike2

音声配信をするまでバイノーラルマイクの存在なんて知りませんでした。

操作とか難しそうだなと思っていたんですが、想像以上にカンタンですぐ使えました。

Mu6 Lifelike2のバイノーラルマイクなら、iPhone・Androidの両方ですぐ使えて音質もイイです。

音声配信をしたい、ASMR動画を作りたいなどでバイノーラルマイクを検討中の方は、ぜひMu6 Lifelike2イヤホンがおすすめです。

 

Mu6 lifelike2のメリット

  • 他のバイノーラルマイクに比べて価格が安い
  • iPhone・Android両方で使用できる
  • 簡単に操作できる

 

Mu6 lifelike2のデメリット

  • 小さな音でも拾ってしまう
  • スマホカバーを取り外さないといけない
  • LIVE配信では使用できない

 

Mu6 lifelike2を使うなら

  • ダミーヘッドに差し込んで使用する
  • なるべく静かな環境で収録する

スポンサーリンク

-おすすめ

Copyright© Bobby Maihamaのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.