おすすめ

【超特大】DXねるねるを食べた感想【おいしくて幸せだけど、1人だと量多め】

子供のころから大好きだった駄菓子があります。

そう、

 

 

 

「ねるねるねるね」

 

 

 

 

粉末に水をそそぎこむと、あっという間にムースみたいなものができあがり、色も変わる。

お砂糖のトッピングをのせて食べると、もう口の中は天国。

そんな「ねるねるねるね」は、僕にとって”量が少ない"という欠点がありました

 

先日、家の近くの駄菓子屋さんを物色していたら、そんな「ねるねるねるね」の欠点を補う進化版に出会ったんですね。

 

その名も、「DXねるねる」

DXねるねるねるね

DXねるねるねるね

 

量が少ないという僕のお客様としての声が届いたのか、ドンピシャな「ねるねるねるね」

即買いして早速食べてみましたので、食べてみてどうだったか感想を共有させていただきます。

超でかいDXねるねる

商品名にDXとある通り、サイズが通常よりもデカいねるねるねるね。

パッケージを見ると、「4~5人で楽しめる」という文字がありました。

DXねるねるねるね

加えて、「ひとりで全部食べずにそれぞれ取り分けて食べてね」という注意書きもあります

DXねるねるねるね

注意書きを守らずに一人で食べちゃうという、「やっちゃいけないこと」をすることへのちょっとしたワクワク。

全部1人で楽しめると思うと、ニヤニヤせざるを得ません。

パッケージを開封したところ、さまざまなパウダーの袋が出てきました。

DXねるねるねるね

パッケージの手順通りに「DXねるねる」の調理にとりかかります。

手順① 容器にパウダーと水を入れる

パッケージには大きな赤の容器が入っています。

DXねるねるねるね

その容器のくぼみに、パウダーを順番にいれていきます。袋にはわかりやすく番号が書いてあるので、その通りに開封します。

DXねるねるねるね

パウダーと水を混ぜるのですが、パウダーを加えるごとに色が変化していきます。

DXねるねるねるね

DXねるねるねるね

DXねるねるねるね

この化学の力のすごさを味わいながら、念入りに混ぜ混ぜ。

DXねるねるねるね

こぼす

手順② トッピングを入れる

元となる「ねるねる」が完成したら、トッピング用の袋を開封し入れていきます。

トッピングは全4種類あり、それぞれを容器のくぼみにぶち込みます。

DXねるねるねるね DXねるねるねるね DXねるねるねるね DXねるねるねるね

ちなみにくぼみのスペースがすごく小さいので、こぼさないように入れるのが至難の業でした。

全部入れると圧巻の光景が広がります。

DXねるねるねるね

手順③ DXねるねるをトッピングに付けて食べる

トッピングを入れ終わったら、あとはお好みのトッピングにDXねるねるを付けて食べるだけです。

プラスチックのスプーンがついてくるので、それでDXねるねるをすくって食べます。

DXねるねるねるね

このねるねるねるねをすくう瞬間が、人生で幸せな一瞬のひとつですね。

4-5人分の量が入っているので、容器からあふれそうになっているねるねるねるね。

かなり大胆な量をすくっても、たくさん量が残ります。

 

食べた感想:味は最高だけど量が多い

DXねるねるは、通常サイズのねるねるねるねと同じ味です。

少しだけ酸味もあってすごくおいしいですね。

トッピングも4種類あるので、どれを付けて食べるか悩むのも楽しい。

個人的に好きだったトッピングは、小さなラムネのトッピングです。ラムネの味とねるねるねるの味がよく合いました。

DXねるねるねるね

個人的にお気に入りはラムネ

ただ、4-5人分の量なのでやはり1人には多いです(笑)

ねるねるねるね大好き人間の僕にとっても、1人では最後のほうに少し苦しくなりました。

トッピングが4種類用意されていても、味に飽きが来てしまうという感じです。

やはり注意書きの通り、一人で食べてはいけないのだと痛感しました。

誰かと一緒に食べたほうが、より楽しく食べれそうです

 

DXねるねるは誰かと食べよう

DXねるねるは量が多くて、「ねるねるねるね」ファンにとっては幸せな一品なんですが、1人では量が多めです。

最後のほうはちょっと苦しくなります(笑)

トッピングが充実していて味もおいしいので、ぜひ誰かと一緒に食べるのをおすすめします。

ご家族や恋人とぜひ食べてみてください。

-おすすめ

Copyright© Bobby Maihamaのブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.