スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ ディズニー

【レビュー】ホテルエミオン東京ベイ 朝食&大浴場がおすすめ!ディズニーへのシャトルバスも便利

スポンサーリンク

今回ご紹介するホテルは、ホテルエミオン東京ベイ。

ずっと泊まりたいと思っていたホテルで、先日ようやく宿泊することができました。

1泊2日スタンダードルーム、朝食付きプランで泊まってきたので、内容をご紹介します。

YouTubeにもアップしていますので、動画を観たい方はこちらをどうぞ↓

 

僕がホテルエミオン東京ベイを予約したのは、楽天トラベルです。

楽天トラベルのホテルエミオン東京ベイのサイトはこちら

 

新浦安駅から徒歩7分の立地

ホテルエミオン東京ベイは、新浦安駅から徒歩7分の場所にあります。

道はずっと真っ直ぐなので非常にわかりやすいです。

実際歩いてみたら割とすぐに到着しましたね。

ホテルに入ると、ハロウィーンの装飾がお出迎え。

夕方の時間帯だったからか、チェックインするお客さんは少なめでした。

 

今回ホテル側で用意されたお部屋は5Fでした。途中ミニーちゃんにも会いました。

 

スタンダードルームの詳細

エレベーターで5Fに上がり、いざお部屋オープン。ホテル宿泊で盛り上がる瞬間の一つです。

部屋はこんな感じでした。

一般的なホテル同様、電子ケトルやコーヒー・紅茶、さらに冷蔵庫があります。

冷蔵庫は、前回宿泊した東京ベイ東急ホテルと同じ東芝の冷蔵庫でした。

東京ベイ東急ホテルでは、2Lのペットボトルがサービスで置いてあったのですが、今回泊まったエミオンのお部屋には置いてありませんでした。ちょっと寂しかったですね。

お部屋からの景色

続いてお部屋からの景色です。5Fからの景色はこんな感じです。

向こう側にはホテルエミオン東京ベイの別館、エミオンスクエアが見えました。さらに奥の方には、僕が以前宿泊した「イビススタイルズ東京ベイ」があります。

街灯の色のオレンジがきれいでしたね。

正面の建物はマンションでしょうか?こんなところに住めたら毎日リゾート気分ですね♪

ララ イタリアーナでのディナーブッフェ

お部屋にチェックイン後、今回は夕飯をホテルで食べることに。

エミオンにあるレストランは、22Fの和食「日本料理Kai」と1Fの洋食「ララ イタリアーナ」があります

日本料理は敷居が少し高かったので、1Fのララ イタリアーナに行くことにしました。

こちらのレストランは、ホテルエミオン東京ベイの入り口から少し歩いたところにあります。なので一旦外へ。

レストランの入口に到着しました。赤い看板が目印です。

入り口にはメニューの説明が置かれています。

 

ディナータイムは17:00から22:00まで。セットメニューが用意されているのですが、どのセットにもブッフェが付いています。

  • Aセット:ブッフェ + パスタorピザ + 魚or肉料理

  • Bセット:ブッフェ + 魚or肉料理

  • Cセット:ブッフェ + パスタorピザ

僕はどうしてもお肉が食べたかったので、今回はBセットを注文することにしました

充実のブッフェ

店内に入ると、カップルや家族連れがたくさんいました。みなさんホテルの宿泊客のようでした。

席に案内されBセットを注文し、さっそくブッフェへ。このブッフェが想像よりも充実しており、いろんな種類のお料理が用意されていました。

ブッフェの内容はすべて前菜なのですが、このブッフェだけで満足できるほどたくさんのお料理がありました。

生ハム、サラダ、アヒージョ、バケット、その他いろんな一品料理があり、味も全て美味しかったです。

 

 

ブッフェには飲み物も付いてきます。

お酒は追加料金となりますが、以下の飲み物はブッフェで飲み放題です。

  • アイスコーヒー

  • ホットコーヒー

  • アイスティー

  • ホットティー

イタリアンなのでワインも置いてありました。僕の座った席の目の前がワインセラーでした。

僕がチョイスしたブッフェのお皿はこんな感じです。

左のカップに入ったのはエビのアヒージョです。お皿の上のほうに置いてあるのも牡蠣のアヒージョ。アヒージョ野郎です。

ふつうのお店だとアヒージョのバケットはお金がかかりますが、このエミオンのブッフェではバケット取り放題

なのでアヒージョを心ゆくまで楽しめて大満足でした。

メインディッシュ登場

さて、僕が注文したBセットには「魚or肉料理」が付いてきます。

僕が選んだのは肉料理。注文したのは「豚肩ロースの香草パン粉焼き」です。

ブッフェを楽しんでしばらくすると、メイン料理が運ばれてきました。

豚肩ロースがパン粉に包まれてグリルされていて、さらに上にお野菜が乗っています。左側に見える黄色い立方体はじゃがいもです。

右側の黄色いソースはかぼちゃの味がしました。ペッパーがたくさんかかっていて、刺激強めのお味です。

豚肩ロースはかなり柔らかく、あっという間に食べてしまいました。

パン粉に包まれているので、すごくカリカリで美味しかったです。

メインディッシュは割と量が少なめなので、その分たくさんブッフェのお料理も楽しむことができ、非常に充実したディナーになりました

こちらが今回のディナーのお会計伝票。

肉料理が付いたBセットだったので、お値段は3,000円でした。

たらふく美味しいイタリアンを食べられて3,000円なので、かなりおすすめです。

 

天然温泉大浴場「ほほえみの湯」に入る

さて、いよいよ大浴場でのリラックスタイムです。

大浴場の入り口近くには、入浴後に着る館内着が用意されていました。

1Fのロビーを館内着で歩くことはできませんが、2Fや客室フロアはこの館内着でうろちょろできるようです。

「ほほえみの湯」の注意事項はこんな感じです。

営業時間は朝6時からで、終了は夜中の1時。

おむつの取れてないお子様や、刺青のある宿泊客はNGとのこと。

「ほほえみの湯」の料金はこんな感じです。

 

画像

 

僕は19時くらいに利用したので、お値段は600円。

夜20時以降になるとお値段が上がってしまうので、早めに行くのがおすすめです。

また、当日朝から翌日朝まで何度も利用できる「1泊券」も売っています。

複数回利用するなら、この1泊券がよさそうですね。

 

朝食ブッフェに行く

今回の宿泊プランでは朝食ブッフェを付けました。

なので翌朝は朝食チケットを握りしめ、1Fにあるブッフェ会場へ。

ちなみに朝食時間は、午前6:30〜10:00です。ルームウェアでの来店はできないため、しっかり着替えてから向かう必要があります。

エミオンの朝食は、和食・洋食それぞれ色んなお料理を楽しめるブッフェスタイル。僕は西洋かぶれなので、洋食を中心にいただきました。

 

飲み物コーナーも一般的な朝食ブッフェのような感じで、コーヒーや紅茶、フルーツジュースが置いてありました。

ホテルエミオン東京ベイの朝食ブッフェでは、オムレツなど料理人が目の前で調理してくれるシステムはありませんでした。

僕は1時間ほど朝食会場に滞在し、その後荷物をまとめてチェックアウトしました。

ディズニーへの無料シャトルバスに乗車

ホテルエミオン東京ベイからディズニーリゾートまで、無料のシャトルバスに乗ることができます。

予約不要の先着順で、高頻度でバスが出発していました。

出発時間の5分前くらいから、バス停に人が集まってきます。バス停はホテル正面玄関からすぐの場所にあります。

ホテルエミオン東京ベイからのシャトルバスは、

  1. ディズニーシー

  2. ディズニーランド

この順番で走っていきます。まず向かうのがディズニーシーです。

ホテルを出発してから約15分でディズニーシーに到着しました

シーに到着し乗客が降りたら、次に向かうのがディズニーランドです。

ホテルを出発してからディズニーランド似到着するまで、かかった時間は約25分でした。

早くディズニーランドに向かいたい場合は、シャトルバスに乗らずタクシーをかっ飛ばしたほうがよいですね

 

ホテルエミオン東京ベイはかなりおすすめ

エミオンで個人的に特に良かったのが2つ。

レストラン「ララ イタリアーナ」と大浴場「ほほえみの湯」です。

ララ イタリアーナは、ホテルのブッフェながらお手軽価格でディナーを楽しむことができました。種類も豊富で味もおいしかったです♪

そして「ほほえみの湯」

露天風呂やサウナもあって、日頃の疲れをしっかり癒やすことができます。

時間帯によって料金が変動するので、なるべく空いていて安い時間帯(20時より前)に行くのがおすすめです

ぜひ1度泊まってみてください♪

 

僕が予約したサイト(楽天トラベル)はこちら

 

 

-おすすめ, ディズニー

Copyright© Bobby Maihamaのブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.