日常

【おすすめ】ジム エニタイムを使って分かったメリット・デメリット

僕が通っているフィットネスジム「エニタイム」のご紹介です。

 

こんな方におすすめ

  • エニタイムの入会を考えている方
  • エニタイムのメリット・デメリットを知りたい方

 

エニタイムを選んだ理由

僕は2018年の秋ごろから地元のジムに通っていました。

 

しかし会社帰りに行こうと思っても、疲れてなかなか行けない日々が続きました。

 

また朝早く行こうと思っても、9時からのオープンなので少し遅い。

 

なので解約しました。

 

解約後に乗りかえたジムが「エニタイム」です。

エニタイムに乗り換えた理由はただ一つ。

 

24時間365日いつでも使い放題だから

 

エニタイムは年中無休。いつでも好きな時間にトレーニングできます

 

「会社終わりだと遅いから行けない」みたいなことがなくなります。

 

土日は家の近くのエニタイム、用事があって出かける際は外出先周辺のエニタイムに行ってます。

 

すごく使い勝手のいいジムです。

 

スポンサーリンク

エニタイムの施設の様子

よく行くエニタイムのジムはこんな感じです。

トレーニングマシンが充実しており、初心者~上級者まで幅広く使えます。

 

施設内容は場所によって異なりますので、ご自身がメインで行く予定のジム設備は確認しておきましょう。

 

エニタイムのメリット

エニタイムに通って感じたメリットです。

  • いつでも好きな時間帯に利用可
  • 各地にあるので気軽に利用可
  • スタッフと話す機会が少ない

メリット1. いつでも好きな時間帯に利用可

メリットの1つ目は、いつでも好きな時間帯に利用できること。

 

ジムの名前の通りですね。

 

朝早くジムを利用したい、会社帰りに少しトレーニングしたいなど、色んなシーンに合わせてジムを利用できます。

 

僕の場合は朝早くジムに行きたかったので、24時間開いているエニタイムはかなり便利でした。

 

早朝は人が少ないので、トレーニングマシンやランニングマシーンが空いていて最高です

 

ご自身の生活スタイルに合わせて、柔軟にジムを活用できるのは大きな魅力です。

 

メリット2. 各地にあるので気軽に利用可

エニタイムは日本各地にジムがあります。そのため外出先での空き時間で利用することも可能です。

 

僕の場合は、友達との待ち合わせの1時間前に到着して、待ち合わせ場所付近のエニタイムで軽く運動することもあります。

 

空き時間を活用しやすいのも、エニタイムの特徴です。

 

2020年6月現在、エニタイムの国内店舗数は500以上あります。

 

また国内はもちろん、世界28の国と地域、合計4,500以上の店舗でも利用できますので、例えば出張等で海外に行った際も利用可能です。

 

わざわざジム付きのホテルを予約する必要もなくなります。

 

ポイント

  • 国内店舗数が500以上
  • 外出先に店舗があれば気軽に利用可能
  • 海外店舗もあり出張時に活用可能

 

スポンサーリンク

スタッフと話す機会が少ない

シャイでヲタクな自分にとってはありがたいメリット。笑

 

エニタイムは24時間開いていますが、スタッフが常駐しているわけではありません。

 

店舗ごとに「スタッフアワー」が決まっており、その時間帯以外スタッフはいません

 

ジムだとトレーニング中にスタッフが挨拶してきたり、話しかけたりしてきたりしますよね。

 

僕はあれが得意じゃなくて、ほっといてほしいタイプ

 

エニタイムは早朝や夜に行けばスタッフはいないので、スタッフの目を気にすることなくトレーニングに集中できます

 

逆にスタッフが常駐していて、気軽に相談できる環境が欲しいという方には、あまり向かないかもしれません。

 

エニタイムのデメリット

続いてエニタイムのデメリットをご紹介します。

 

僕が感じたデメリットは1点。

 

シャワー室が混雑する

エニタイムには各施設1~2つほどシャワーがついています。

 

このシャワー室、時間帯によって混雑するんですよね。

 

利用するジムにシャワーが1~2つしかないとすぐに埋まります。

 

せっかくトレーニングして最後にシャワーでさっぱりしようと思っても、タイミングが悪いとシャワー室が埋まってて並ばないといけません

 

また逆に自分のシャワーの順番が来て、後ろに待ってる人がいるとゆっくりシャワーを浴びれません

 

このシャワー室の少なさ、混雑具合は改善してほしい点です。

 

エニタイムを利用した感想

エニタイムを利用しはじめて、生活がかなり変わりました。

 

ジムに行くのは平日です。継続したら1日のコンディションが爆上がりしました。

 

エニタイムを利用する流れはこんな感じです。

  • 6時45分:到着、着替え
  • 6時50分:筋トレ
  • 7時15分:ウォーキング
  • 7時30分:柔軟体操
  • 7時35分:シャワー
  • 7時50分:瞑想

 

この日課を繰り返して感じた効果ですが、

ジム利用で得た効果

  • 頭がすっきりした状態で1日働ける
  • ちょっとのことでイライラしなくなる
  • ジムに行けば夕方を有効活用できる
  • 筋肉が付き自己肯定感が高まる

 

以前に比べ、エニタイムのおかげで心も体も健やかになりました。

 

まとめ

今回ご紹介したエニタイムのメリット、デメリットのまとめです。

■メリット

  • いつでも好きな時間帯に利用可
  • 各地にあるので気軽に利用可
  • スタッフと話す機会が少ない

 

■デメリット

  • シャワー室が混雑する

 

運動・筋トレを習慣化しようと思っても、なかなか大変です。

 

ただエニタイムにしてからは、好きな時間・好きな場所で実践できるので習慣化できました。

 

会費は月8,000円程度です。そんなに高くはないですよね。

 

運動を習慣化したいと思っている方がいれば、ぜひエニタイムを見てみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

-日常

Copyright© Bobbyのお部屋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.