アップルウォッチで日々の生活イージーモード

日常

どうもどうも!

さっそくですが、みなさんは去年1年間で買い物した中で、「買ってよかったー」って思ってるものはなんですか?

僕は色々ありますけど、自信を持って買ってよかったと言えるものがあります。それは、

アップルウォッチです

去年のちょうど今頃にアップルウォッチに買い替えてから、日常生活がかなりイージーモードになりました!

時計にこだわりが特にないという方には特におすすめできます。

こんな方におすすめ

  • iPhoneを使っている
  • 音楽をよく聴く
  • 健康への意識が高い

アップルウォッチでできることはたくさんありますが、僕がオススメする観点を大きく3つに分けると

  1. 音楽
  2. 健康
  3. 連絡

です。

スポンサーリンク

満員電車でも音楽を自在に楽しめ

アップルウォッチでは、iPhoneへの指示を時計の文字盤から行います。

中でも便利な操作機能が音楽です。ボリュームをつまみで調整でき、早送り巻き戻しもタッチで簡単!!

満員電車でiPhoneがいじれない!そんな時に好きでもない曲が流れてしまった!とか、ボリュームがでかすぎて調節したいけど満員電車で操作できない!鼓膜rest in peaceへ。

こんな時にアップルウォッチがあれば、時計をいじる感覚で音楽を操作できます。

わざわざiPhoneをカバンやポケットから出さなくても、アップルウォッチで全て完結します。iPhoneを落として割ってしまったり、無駄な電池が消費されてしまうということを防止できます。

アップルウォッチがあれば日々の健康チェックもイージーモード

アップルウォッチは心拍数を計測してくれます。

さらに、歩数やエクササイズ量も測ってくれ、今日どれくらい運動したか、最近の運動量は足りているかを判別してくれます。日々健康に過ごしたい方には助けになる機能が満載です。

僕が重宝しているのはエクササイズのチェックをしてくれる機能です。アップルウォッチがその日の活動量を測定してくれて、あらかじめ設定した消費カロリーを消費できたか、円でわかりやすく表示してくれます

この円が1日のどこかで完成すると通知をしてくれ、大変気持ちのいい気分になります。

会議でもLINEチェックイージーモード

永遠と続く不毛な会議。

スマホをいじるにも気がひける。けどつまらなくて吐きそう。帰っていい?

こういう時にこそ助けてくれるのがアップルウォッチ!アップルウォッチでLINEが見れます!!

iPhoneにLINEがくると、アップルウォッチにも通知が来て内容をチェックできます。こんな感じです。

さらに、OKとかありがとうとか、そういう簡単な内容であればアップルウォッチから返信できます。

他にも、Gmailやメルカリ、twitterなど、アプリによって通知を設定できるものが多くありますので、会議含めて色々な場面で日々通知をチェックできます。

てめえの腕1つで支払いイージーモード

  • Suica
  • クレジットカード
  • メルペイ

アップルウォッチならこうした有名どころの決済機能をアプリとして入れることができます。前回紹介したみずほWalletで発行したスイカもインストールできますので、アップルウォッチを改札にかざして電車にも乗れちゃいます。

他にもクレジットカードやポンタカードを登録できるので、いちいちスマホやカードを出さなくても腕1つで会計出来ちゃいます。

腕1つで改札を抜けようとするとたまに機械が読み取りに失敗し、改札で止まって後ろの人から白い目で見られるのでそこは注意してください。

その他の便利機能

ここには詳細書ききれませんが、僕が普段使ってるアップルウォッチの機能を載せます。

  • ストップウォッチ
  • タイマー
  • 座りっぱなしを感知してスタンドするよう通知してくれる機能
  • 深呼吸するよう通知してくれる機能
  • iPhoneのカメラのシャッターを操作できる機能

自分のiPhoneが近くにあれば、アップルウォッチのパスコードをわざわざ解除しなくても使えます。逆に近くにiPhoneがないと、アップルウォッチはパスコードを入れないと使えないのでセキュリティはバッチリです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

アップルウォッチを買って、僕の人生は間違いなくイージモードになりました。

値段は4万円前後です。僕のアップルウォッチはスマホが近くにあることが必須で、単体では電話をしたりネットをしたりできません。が、スマホがなくてもアップルウォッチ単体でネットしたり電話したりできるセルラーモデルというのも発売されているので、よかったらそちらもみてください!

それでは今日はこの辺で!また次回お会いしましょう!バイバイ!

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました