日常

つらい環境からは素直に逃げたほうがいい

よく「目の前のことから逃げ出すな」みたいなことを聞きますよね。

困難にぶちあたってもがんばって耐える、世の中ではそれが美しいみたいな風潮があります。

 

僕は正直、この風潮をやめてほしい派です(笑)

 

つらいのになぜ耐えてがんばらないといけないのか、と思ってしまう派。

耐えてがんばった先にいいことが待ってることもあるんでしょうけど、僕には合わない。

耐えられずにメンタルを病んでしまったり、体を壊してしまったりすることのほうが心配です。

消耗して自分が追い込まれるくらいなら、環境を変えて頑張ったほうがいい。

「つらい=成長」と考えた日々

以前の僕は、とにかくいろいろ「耐えてがんばる」ことを心がけてました。

「つらい=成長」と考えていたから、何かがつらくても「成長のためだ」と言い聞かせてやっていました。

でもやはり、耐えられずに逃げたことがほとんどです。何かを途中でやめた経験は数えきれません。

 

高校入学後、僕は体育会系の部活に入りました。

体育会なので当然、練習はきついし上下関係も厳しい。土日も休めないですし、下っ端の1年生はいつも怒られる。

そんな日々に耐えられず、僕は1か月で退部。

大学でもサークルに入りましたが、練習以外の人付き合いが面倒くさくて3か月でやめました。

アルバイトでも、スパルタで理不尽だったものは一瞬でやめました。

社会人になってからも、自分とはちょっと環境が合わず転職したこともあります。

 

スポンサーリンク

むしろ「楽しい=成長」

当時の僕は「つらい=成長」の思考回路だったので、「自分は逃げ出してばっかりでダメ人間だ」と感じることがたくさんありました。

 

ただ今では、自分が思うままに逃げ出してよかったと思います。

 

いま楽しくやっているYouTube・ラジヲ・ブログは、これまで色んなことから逃げてきてたどり着いた場所です。

耐えてがんばったからといって、大きな成果・成長を感じられたことは僕の場合あまりありません。

むしろ、自分が好きで熱中したことのほうが、つらくないし成果が出て、成長にもつながっていきます。

そう気づいてから、僕は嫌なことをなるべく避けることに決めました。

嫌いなことを耐えた先に得られるものもありますが、自分が消耗しながら我慢して続けるのはよくない。

自分がぶっ壊れたら手遅れになります。

マナブさん

僕はよくブロガー・YouTuberのマナブさんの記事や動画を見ています。

最近、「億を稼ぐ積み上げ力」というマナブさんの本を読んで、とっても共感した部分がありました。

少し長くなりますが、そのまま引用します。

【辛い状況だと成果も出ない】

辛い環境からは逃げてもいいんです。いや、むしろ、逃げたほうがいい。逃げるべきです。

これは本業でも副業でも同じことが言えます。

辛い環境で無理していると、どんどん負のスパイラルにはまり込んでしまいます。

成果が出なくて辛い→上司に怒られてばかり→上司に怒られるのを避けたい→失敗を避けるようになる→チャレンジしなくなる→成果が出なくて辛い

無理して頑張ってしがみついているのに、チャレンジできないため、最低限の成果しか上げることができません。

そしてますますチャレンジできないメンタリティに陥ってしまい、成果が出ず、ますます辛くなっていきます。

その一方で、成果を出している人は、楽しく働いているのです。上司とも和気あいあい。ちょっとしたえこ贔屓や優遇を受けたりすることもあるでしょう。

それを見て、成果の上がらない人は、余計に辛くなるのです。このようなしんどい状況であったら、そこはあなたの居場所ではありません。

今すぐ逃げましょう。

僕はこれに完全に同意です。

楽しい環境にいたほうがいい。つらい環境では成果が出ない。

そして体・メンタルも病む可能性がある。

耐えられない・つらい環境からはすぐ逃げたほうがいいと思います。

 

逃げられないなら、選択肢を用意する

かといって、人によって「すぐ逃げる」という行動はカンタンではありません。

なので大事なのは、「常に選択肢をもっておく」ことだと思います。

つらい環境にあったとして、それが限界になった場合に自分が取れる選択肢を用意しておくんです。そうすれば、少しは気持ちが楽になります。

例えば仕事だったら、

  • 誰か信頼できる人に相談する
  • 部署を異動する
  • ちょっと休む
  • 転職する

などなど、いろいろ選択肢があると思います。こういう選択肢があると思うだけで、心の負担を減らせます。

選択肢がないと思ってしまうと追い込まれます

いまの状況から脱出する選択肢はなにか、それを必死に考えましょう。絶対に何かあるはずです。

  • AがだめだったらB
  • BがダメだったらC
  • CがだめだったらD

このように自分がとれるアクションを頭に入れておくだけで全然違います。心に余裕ができるんですね。

だから今なにかつらいことがある場合は、それによって自分が追い込まれないよう選択肢を考えてみてください。

「最悪の場合、○○すればいいや」と考えるイメージです。

 

自分が楽しいと思える環境にいく

僕はなるべく「心配事・不安・つらいこと」を避けておだやかに生きていきたい。

なので嫌なことはなるべく避けるようにしています。人生1度きりだから、楽しいことに時間をつかったほうがいい。

「つらい=成長」の考えは捨て、「楽しい=勝手に成長」と考えるようにしています。

逃げ続けても、最後に自分が楽しいと思える環境にたどり着けばそれでいいと僕は思います。

スポンサーリンク

-日常

Copyright© ディズニーをより楽しむためのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.