ディズニー

1人ディズニーシーでちょっぴり恥ずかしいこと

1人でディズニーに行くようになり1年半が経つ。

デビューした日はゲスト全員が僕を見ているような気がして(自意識過剰)、1人でパークを歩くのも緊張した。

誰かと一緒に行くのに慣れていたディズニーだったが、1人で行くとこんなにも景色が変わるのかとびっくりした。みなさんにもぜひ体験してほしい。

あれから1年半。1人ディズニーは完全に慣れた。しゃべる相手がいないので、色んなことを考えられる。パークの細部も観察できる。1人ディズニーもなかなかいい。

1番成長したと感じたのは、透き通る彼女とのインパだ。

彼女は透き通っているので周りからは見えない。

そんな彼女と一緒にベンチに座り、肩に手を回して動画撮影した。

我ながら自分の変わり具合にニヤニヤしてしまった。マスクがあってよかった。

1人デビューをしたばかりの自分に伝えたら、驚きのあまりポップコーンをぶちまけるはずだ。

センターオブジアースに乗るとき

とはいえ、いまだに1人でインしていて恥ずかしくなることがある。

センターオブジアースだ。

センターオブジアースに乗るとき、1人の僕は他のグループと一緒に乗ることになる。

センターオブジアースは、1列2人✕3列の座席配列だ。コロナ対策で他のグループとは1列間隔をあけるので、真ん中の2列目は使用されない。

困るのが、一緒に乗るグループが僕と同年代のカップルのときである。

特に困るのが、先頭に案内されたときだ。

アラサーの男がセンターオブジアースに1人。先頭。

後ろの席にはカップル2人。

 

先頭に乗るのは個人的に大好きで、日常のストレスを忘れられる最高の時間なのだが、後ろにカップルがいると気になってしまう。

  • もしかしたら僕の話をしているかもしれない(多分、してない)
  • 1人で乗る僕の姿を見て、盛り上がってるかもしれない。
  • 僕の後頭部をじっと見ているかもしれない

先頭に座るので後ろの様子はわからない。

後ろに座られると、自分のことを見られている気がして地底探検に集中できないのだ。

同年代のカップルだと特にそうなる。

おそらく彼らは先頭の僕なんて気にも留めてないだろうが、逆に僕はすごく気になってしまう。

だが振り返って見るわけにもいかない。

振り返ったら怖い。センターオブジアース最後の落下より怖い。

だから僕は、外国人のフリをすることにしている。

はじめてセンターオブジアースに乗りに来たアジア人。日本に住んでまだ1年。はじめて1人でディズニーシーに遊びに来た休日のビジネスマンを演じる。

たまに、USJの社員としてディズニーへ調査に来た男として乗ることもある。

いろんな設定で乗ると、けっこう楽しい。

逆に、カップルが先頭で僕が後ろに乗る時はとても気楽だ。

そういうときは、楽しそうに乗るカップルを見て僕も楽しむ(怪しい)

 

スポンサーリンク

トイストーリーマニアの最後

ちなみにトイストーリーマニアも1人で乗ると困る瞬間がある。

ゲーム終了後、スコア結果の画面を見た先でトラムが停止するときだ。

このトラム停止中、前のトラムのゲストと向かい合う形になる。

この時間が1分くらい続くが、これが気まずい。

特に向かい合うゲストがカップルのときはくる。心に。

幸いトイストーリーマニアには3Dメガネがあるので、僕はそれをかけ続ける。

マスクもあるので、最大限活用して3Dメガネを曇らせ、視界を見えなくする。

こうすると気が楽だ。

カップルから見たら眼鏡のくもったアラサーとして映っているが、こちらには何も映っていない。

真っ白の景色。

 

 

1人ディズニーは奥深い。

今度1人ディズニーしようと思ってる方にお役に立てば幸いである。

 

スポンサーリンク

-ディズニー

Copyright© Bobby Maihama , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.