日常

タイ料理屋さんで起きた悲劇

人生にはいろんなことが起こる。

先日、タイ料理を食べた。

タイ料理を食べタイ。そう脳内でつぶやきつつ、たまたま見つけたタイ料理屋さんに入ってみた。

その日の僕は疲れていた。

「いらっしゃいませ!お客様、何名様ですか?」

僕は1人で来店していたのに、とっさに「2名です」と答えてしまった。

「あ、ごめんなさい、1名でした」とすぐさま訂正した。

タイ人のお母さん的な店員さんだったが、僕の発言に吹き出していた。

笑ってくれたおかげで、僕も救われた。笑ってくれなかったら、完全に痛い人になっていた。

着席すると、タイの伝統料理がたくさん書かれたメニューを渡された。

数がめちゃくちゃ多い。

いろんなタイ料理を楽しめるのはいいが、どれを選んだらいいかわからなくなる。

人間、選択肢が多いと逆に選べなくなる。

しかも疲れていたので、小さい文字を見ながら選ぶのが面倒くさくなった。

 

そこで僕は、先ほどの店員さんに丸投げすることにした。

 

「すいません、おすすめの1品はなんですか?できればヌードル系がいいんですが」

お母さんは優しい声でいろいろおすすめを紹介してくれた。

そして2品に絞られた。海鮮系か、野菜系のヌードル2択だ。

どちらの料理にも、辛さを表す唐辛子マークが1本付いていた。3段階の辛さのうち、1番やさしい辛さだ。

僕はあまり辛いのが得意ではないので、辛くないようにしてくれないかお母さんに頼んでみた。

すると、野菜系なら辛さ控えめで作れるということだった。それならということで、僕は野菜を選んだ。

 

「なるべく、辛さおさえめでお願いします。なんなら辛くないほうがいいです」

 

そう伝えたところ、「ワカリマシタ、ほぼ辛さナシネ」と答えてくれた。

ちなみに僕は、カレーを食べるときも甘口である。ぜんぜん大人じゃない。

料理が運ばれる

15分くらいして、料理が運ばれてきた。ザ・タイ料理という感じのヌードルだ。写真を撮り忘れたが、イメージこんな感じである。

「辛さ、オサエメ!ヒカエメ!オイシ!」と店員さん。

けっこう色が赤いのが気になったが、とても美味しそうな香りがして食欲がそそられる。

食べてみた。

 

 

 

 

 

すごく辛い。

 

 

 

 

辛くてせき込んでしまった。

どういうことだ。話がちがう。

ピリ辛ならまだ分かるが、汗をかくほど辛い。

飲んでいたコーラは瞬殺でなくなった。

コーラのあとはお水のお世話になったが、お水もすぐになくなってしまう。

 

お水を飲んで何度もトライしたが、やはり辛い。

唐辛子のマークを5本くらい立てたほうがいい辛さだ

結局申し訳ないが、僕は半分も食べられなかった。タイ人のお母さんにはごめんなさいをした。

 

 

「アラ、カラカッタ?辛さヒカエメ」

 

 

タイ人の言う「辛さ控えめ」は、僕の舌で言う激辛だというのが今回わかった。

今度タイ料理屋さんに行くときは、唐辛子マークの付いていない料理を素直に選ぶことに決めた。

スポンサーリンク

-日常

Copyright© Bobby Maihama , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.