ディズニー

圧巻!感動!ソアリン・ファンタスティック・フライトに乗ってきました!

こんばんは!このブログは、ハードモードな俺の人生から得た学び・経験・知識を、皆さんの人生に役立てていただくためのブログです。よかったらお気に入り登録のほどよろしくお願いいたします。

3連休はいかがお過ごしでしょうか?俺は初日の土曜日に、例のごとく東京ディズニーシーへ行ってまいりました。今回のパークINの目的はただ1つ!今年7月からオープンしてまだ1度も乗れていない新アトラクション、ソアリン・ファンタスティック・フライトに乗ること!

8月のお盆の時期に行ったときは、朝の7時10分に東京ディズニーシーステーションに到着してもソアリンのファストパスは取得できませんでした。朝の7時10分の時点でも、開園前のディズニーシーのゲートには長蛇の列が・・・

今回はその反省を生かし、めちゃくちゃ早起きして挑みました(笑)どうやってソアリンのファーストパスを取得できたか、ご紹介しましょう。

朝は・ファンタスティック・4時起き

ネットで調べてみると、ソアリンのファストパスは朝の開園7時前にゲートに並んでいないと取得できないということ。なので6時半にゲートに着いて待機しようと考えました。俺の当日朝のスケジュールはこんな感じです。

  • 4時15分:起床
  • 5時00分:出発(家を出る)
  • 5時57分:JR舞浜駅着(ディズニーシーへの徒歩開始)
  • 6時10分:ディズニーシーゲート前到着

舞浜駅からディズニーシーまで歩いたら時間が短縮でき、6時10分にはゲート前に到着できました。開園の2時間も前ですが、さすがは3連休。既にレジャーシートを敷いて待機している人がたくさんいました汗 俺が座った位置は、荷物検査のチェックを終えたすぐ先のところでした。

さあ、8時の開園まで約2時間あります(笑)俺は有意義に過ごそうと、持ってきていた本をリュックから取り出し黙々と読みました周囲に本を読んでいる人は誰ひとりいません(笑)ちなみに、その時俺が読んでいた本はこちら。

「Quiet 内向型人間の時代」ディズニーシーのゲート前で読む本ではないですね。ディズニーに来てるのにこんな本読んでたらきもいですね?いいんです、メンタリストDaiGo師匠のおかげで人目を気にすることはやめました(笑)

さて、脱線してしまいましたが、そうこうしているうちに8時の開園が迫ってきました。ちなみに7時40分になると、ディズニー系列ホテルに泊まっている人たちが優先で入園できる「ハッピーエントリー」が始まります。8時開園を待つ俺らを傍らに楽しそうにパークINしていく姿、くそうらやましかったです(笑)いつか必ずハッピーエントリーしてやりますよ。

スポンサーリンク

いざパークIN!!ファストパスGET!!

ついに8時になり開園しました!俺がパークINしたのは8時5分。急いでディズニーアプリを立ち上げ、ソアリンのファストパスを取得します。

取れたぁぁぁ!!!!!!

ついに取れました!ソアリンのファストパス!時間は13時35分!やっぱり大人気のアトラクションですね。このあとソアリンのファストパスはあっという間に無くなりました。

もうこの時点で俺のテンションは空高くSoaringしている状態(笑)早く13時35分にならないものかとそわそわしていました。

最高すぎたソアリン

やっと13時35分を迎え、ついにソアリンのファストパスを使うときがやってきました。3連休の初日で大混雑だったので、ファストパスの入り口も既に並んでいました。5分ほど経ってから、ファストパスの読み取り機までたどり着きました。

ゲートをくぐると、建物に入るまでにファストパスの列ができていました。

この狭い通路を抜けると、ようやくソアリンの建物内に入ることができます。建物はやっぱり新築だけあって、内装はかなり綺麗でした。

ソアリンの乗り物は地下に位置しているので、階段で下がることになります。階段の途中には、この建物がオープンしたときのヨーロッパ風の絵画が多数展示されています。

階段を下りきった先には広間があります。ドーム型の広間で、例えるならJR東京駅の丸の内側改札を出たところにあるドームのミニサイズ版(笑)

エジプトや中国、インドなど各国の上空を飛んでいるところを描いた立派な絵画がたくさん並んでいました。そしてドームの先には、ソアリンへの入り口があります。

導入の説明からファンタスティック

ソアリンの入り口からは写真撮影・ビデオ撮影が一切禁止のため、ここからは写真が撮れませんでした。入口の先には、少し広いスペースがあり、婦人を描いた大きな絵画や窓の外を描いた風景画などが飾られています。

ここから先が衝撃です。どんな最先端技術を使っているか分かりませんが、この絵画の中にいる婦人が動き出してしゃべるんです!!例えていうなら、ハリーポッターに出てくるようなしゃべる絵画(笑)さっきまで普通の絵画だったのに、いきなりリアルに動いて話し出す。

この婦人、まさにこのソアリンを俺たちに届けてくれた張本人。カメリア・ファルコ婦人です。大空を飛ぶという夢を持ち、自分で研究を重ねて発明したのがドリーム・フライヤー号。俺らが乗るのはこの婦人が発明したドリーム・フライヤー号です。

写真や映像が撮れないのでとても説明しにくいのですが、ハリーポッターの絵画がしゃべるのと同じ感じです(笑)この婦人の説明が終わると、ついにソアリンへ乗ることになるのですが、導入のこの婦人の説明が終わった時点で、お客さんからは感動の拍手が沸き起こってました(笑)

「すげぇ!」「レベル高ぇ!」

の声があちこちから聞こえました。

まさにファンタスティックな空の旅

富士急ハイランドのアトラクション「富士飛行社」に乗った方はイメージがつくかもしれません。球体を半分に切ったようなお椀型のビジョンがあり、そこに映像が映し出されて、実際に俺たちが空を飛んでいるように錯覚させる乗り物。ソアリンもまさにこれです。

最初にびっくりしたのが浮遊感!アトラクションが開始すると、映像とともに自分の座っているイスが浮き上がりますが、まさに飛行機に乗っているみたいな感覚でした。羽田空港から離陸するような感じ(笑)

それとすごいのが画質!本当に空を飛んでいるかのようなきれいな映像が流れて、びっくりしました(笑)加えてすごいのが風の香り!飛んでいる場所に合わせた香りがするんです!インドのタージマハルの上空のときは、花のすごくいい香りがしました(笑)

ソアリンの飛行ルートはこちらです。

  1. スイス:マッターホルン
  2. グリーンランド
  3. オーストラリア:シドニー湾
  4. ドイツ:ノイシュバンシュタイン城
  5. ケニア:キリマンジャロ付近の草原
  6. 中国:万里の長城
  7. エジプト:ピラミッド
  8. インド:タージマハール
  9. アメリカ:モニュメントバレー
  10. フィジーの海
  11. アルゼンチン:イグアスの滝
  12. パリ:エッフェル塔
  13. 東京:東京湾上空~東京タワー
  14. 東京ディズニーシー

世界各国を回る約5分間のフライトですが、あっという間に終わります。ラストは夜のディズニーシー上空で、打ち上げられる花火の間を飛行してアトラクション終了です。

ちなみにディズニーシーの映像の直前は東京で、竹芝・浜松町・大門・御成門・芝公園・東京タワーの上空が映し出されます。普段、この辺で働いている自分にとっては、夢の世界で現実の職場が映っちゃうんじゃないかヒヤヒヤしましたが、大丈夫でした(笑) 普段この辺りが職場だという方、ぜひ気を付けてください(笑)

まとめ

いかがでしたでしょうか?ソアリン・ファンタスティック・フライトは、依然大人気アトラクションで、ファストパスは開園20分以内には無くなってしまいます。

絶対に乗りたいという方は、ディズニー系列ホテルに泊まってハッピーエントリーの権利を得て早めに入園するか、めっちゃ早起きして朝からゲート前で並ぶか、という選択が必要です。

俺は6時半に到着で3連休初日でもファストパスを取れたので、そのくらいにシーのゲートに着いていれば大丈夫でしょう。

ソアリンに乗りたいと思っている方、ぜひ参考にしてみてください。

それでは今回はこの辺で!また次回をお楽しみに!See you next time!



スポンサーリンク

-ディズニー

Copyright© ボビログ - Bobby Maihama- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.