スポンサーリンク

スポンサーリンク

日常

【副反応でダウン】新型コロナワクチン モデルナ製 接種2回目を受けてきました(頭痛・倦怠感・関節痛)

スポンサーリンク

今週、新型コロナワクチンの2回目の接種を受けてきました。

 

 

7月の1回目接種時には特に副反応はありませんでしたが、2回目はダウン。

今回は、僕が経験した副反応の症状を中心にご紹介します。

 

接種当日

接種会場に到着すると、1回目の接種と同様にまず受付を行います。

  1. 受付(接種券など提出)
  2. 検温
  3. 問診
  4. ワクチン接種
  5. 経過観察(15分)

こんな流れですね。

注射は大嫌いなので、接種の瞬間はいつも通りミニーちゃんを妄想。

 

 

注射針が刺さるのを見るとぶっ倒れるので、絶対に見ないようにしました。

看護師さんの腕がよかったのか、注射も一瞬で終了。

接種後、15分間会場で安静に過ごし、スムーズに終えることができました。

 

接種4時間くらいから腕の痛み

1回目の接種の時と同様、接種4時間後くらいから腕に痛みがでました。

腕を肩より上にあげようとすると、筋肉痛のような痛みがでます。

 

 

この腕の痛みですが、1回目よりも痛みが強いです。

接種したときから時間が経つにつれて、腕の痛みも増していきました。

 

接種当日夜~翌日にかけて副反応

副反応の兆候が出てきたのは、接種当日の夜です。

夜までは何ともなかったので、「もしや副反応なしでいけるんじゃないか?」と思っていました。

 

ところがどっこい。

 

接種から8~9時間くらい経過し、そろそろ寝るかというタイミング(23時くらい)で体が寒気を感じ、ブルブル震えだしました。

「おおこれはなんだ!?」

 

温かい格好をして布団をかぶっているのに、体が寒気を感じます。

これが副反応の始まりかと思いながら、その日はそのまま眠りにつきました。

 

夜中に目が覚める

夜中に目が覚めました。

目が覚めたときには、頭痛と倦怠感、関節痛がありました。

腕も痛い。

 

 

目が覚めてから再び眠りにつくまで、かなり時間がかかりました。

寝る姿勢も注意が必要です。

接種した腕を間違って下にしちゃうと痛みが走るので、自由に寝れません。

 

翌日の朝

接種した翌日の朝になり、起床。

夜中に感じた頭痛、倦怠感、関節痛が続いていました。

熱を測ると37度2分くらい。

 

 

高熱ではありませんが、久しぶりに37度以上の熱が出たのでかなりのダメージです。

 

副反応の症状

  • 体がだるい(倦怠感)
  • 腕、腕、首の関節が痛い
  • 頭がズキズキする

 

 

幸い食欲はあったので、解熱剤(バファリンプレミアム)を飲んでからひたすら寝ました。

ここ数日深い睡眠をとれていなかったので、爆睡。

 

 

寝る子は育つと言いますが、今回寝まくったおかげで身長が数cm伸びたんじゃないかと思っています。

寝て、起きて、ご飯食べて、寝るの繰り返し。

頭痛と関節痛がつらかったですが、バファリンもあり何とか乗り切れた感じです。

 

事前の準備が大切

モデルナのワクチンは、2回目目の接種後に"4人に3人が発熱"するそうです。

その他にも頭痛、倦怠感の症状も多くみられるとのこと。

僕の場合、1回目のワクチン接種の際は副反応が特にありませんでした。

腕が痛くなったくらいです。

2回目の際も、午後に接種してから夜まで特に副反応が無かったので、

 

「俺は副反応なしでいけるんじゃないか?」

「4人に1人の発熱しない側の人間なんじゃないか?」

 

とちょっと期待しました。

 

 

が、結局は発熱側。

今回良かったのは、解熱剤や栄養ドリンクなど、事前に物資を準備していたことです。

特に解熱剤はかなり役に立ちました。

 

役に立ったもの

  • 解熱剤(僕はバファリン)
  • 栄養ドリンク
  • 簡単にできるご飯(冷凍食品など)
  • ちょっとしたお菓子

 

これから2回目接種の方は、物資をそろえた上でワクチンをぶちこむことをおすすめします。

 

参考【腕が痛い】新型コロナワクチン 1回目の接種をしてきました(モデルナ)1日目

続きを見る

 

 

-日常

Copyright© Bobby Maihamaのブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.